学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.97 2018.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

「極東大のPBL」/ロシア極東連邦総合大学函館校
 准教授 鳥飼 やよい

  過日、全国大学コンソーシアム研究交流フォーラムに裏方として参加した。今回の開催地であるキャンパス・コンソーシアム函館のメンバー校として、極東大函館校が実行委員会の渉外部会に配置されたためである。日本各地の研究者や大学コンソーシアム関係者が集う当フォーラムの今年のテーマは「地域と大学のエンパワメント」である。エンパワメントempowermentの語義は「自信、力をつけること」であるが、社会学的には個人が主体的な力をつけることで所属集団に貢献し、結果的に全体を向上させるということで、広く先住民族や女性運動、市民運動、さらには地方自治や大学においても用いられる概念である。フォーラムでは、「大学生の地域との関わり」について、様々な実践成果の発表や有益な議論がなされ二日間のフォーラムは盛会に終わった。
  ところで、フォーラムに先立つ打ち合わせでは専らPBLの現状についての話題に終始した。PBL (Project-Based Learning) はいわゆる課題解決型学習で、「地域と学生のエンパワメント」という今回のテーマには直球ど真ん中の話題なのである。函館の他大学では「病院の待ち時間を減らすソフト開発」や「函館ムスリム観光促進」等の成果を上げている。進行役として打ち合わせに参加した私にも「極東大学のPBLはどうですか?」と水を向けられ、「うちは授業数が他と比べて多く、学生数も少ないのでその余地はないです…」ととっさに答え、後になって、果たしてそうかと自問することになった。
  極東大とPBL。相入れないコンセプトである。そもそも「エンパワメント」そのものが、欧米で盛んに言われるコンセプトであり、我がロシアでは社会学の項目として認知されてもいない節がある。結局、エンパワメントもPBLも行き過ぎた資本主義の歪みに対するオーバーコレクションの働きなのではないかとさえ思えるのである。
 しかしである。見方を変えると、例えば「通訳派遣」では学期途中であれ需要があれば学生を現地に送り込む。学生は学習言語と実践のギャップを体験しその経験を持ち帰るまでが派遣である。しかし、もしも、さらに踏み込んで学生が個々の実践を分析しそれを教師が評価し後の授業にそれらの経験をフィードバックさせる過程を整えれば、一つの立派なPBLである。通常の授業が事前講習であるとすると、通訳業務とはターゲット地域に学生が入り、その地域の問題を定義し解決する方法を探るプロブレム・ソルビングである。それが地域の役に立ちエンパワメントにつながるではないか、などと考えた。すると更には、極東大の存在そのものが、日本におけるロシアという問題に果敢に取り組む一つの大きなプロジェクトではないか、とまで妄想が広がった。
  次に極東大のPBLについてお尋ねがあったら、このようなことを述べようと思うのであった。

学務課お知らせ

АБВГ-Day開催

 11月14(水)、第11回АБВГ-Day(アーベーヴェーゲーデイ)を開催します。これは学年問わず全学生が集う「言語のお祭り」です。函館校で学ぶ日本人学生はロシア語で、本学より留学中のロシア人学生は日本語で日ごろの学習の成果を発表しあいます。
学年の垣根を取り払い、学習成果を試し、かつ舞台度胸をつけるチャンスです。すぐに準備にとりかかりましょう。

冬季休業

 今年度の冬季休業は、12月17日(月)から1月11日(金)までです。
  期間中、平日は事務局での各種手続き、図書室の利用は可能ですが、12月31日(月)~1月4日(金)は、年末年始休業のため校舎を閉鎖します。
  後期授業再開日は1月15日(火)です。

JASSO奨学金~給付型奨学生の皆さんへ~

 給付型奨学金を受給している学生は、7月と10月の定められた期間内にスカラネットPSで「在籍報告」をしなくてはなりません。「在籍報告」は引き続き学校に在籍していること及び通学形態の変更の有無等を確認する大切な手続きです。在籍報告の提出がない場合は、振込みが止まり、給付奨学生の資格を失うことになりますので、注意してください。
 第2回10月の在籍報告期間は下記の通りです。
  10月1日(月)~10月12日(金)
  8:00~25:00※土日祝日も可

お知らせ

ロシア人留学生が来函します

 今年も、ロシア極東大学留学生支援実行委員会の招きにより、ウラジオストク本学で日本語を学んでいる学生4名が函館校に留学します。日本語を学び、日本文化を体験するこの事業は今年で22回目を迎えました。
 留学生は、ホストファミリーや函館校の学生との生活を通して、生きた日本語や、実際に日本を訪れなければわからない日本の文化・習慣を直接肌で感じ取ります。
 函館校の学生と留学生との合同授業も行われ、一緒に学校行事にも参加します。積極的に話しかけ仲良くしてください。

◎期間:10月31日(水)~11月21日(水)
◎留学生のお名前
 ゴロワノワ・アナスタシア   3年生
 ヴォルチョック・クセーニア  2年生
 ガサーノフ・エルヌール    3年生
 フドービン・ヴァディム    2年生

第21回はこだてロシアまつり開催

 今年度の「はこだてロシアまつり」は、来年2月9日(土)に開催する予定です。当日のプログラムについては、詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

短信

小学生のためのマトリョーシカ絵付け体験教室を開催しました

 8月7日(火)、夏休みの自由研究に役立ててもらおうと、本校ロシアセンターを会場に、小学生を対象とした「夏休みマトリョーシカ絵付け体験教室」を開きました。今年は4回目の実施で、小学1年生から6年生までの13名が参加しました。
  最初にイリイン・セルゲイ校長から、マトリョーシカは日本の「だるま」が元になっている説もあることや、ロシアでのマトリョーシカの歴史や名産地について紹介があり、続いてデルカーチ・フョードル副校長が、ロシアの女性の民族衣装「サラファン」やマトリョーシカが必ずかぶっているショール「プラトーク」を見せながら、衣装の成り立ちや色の合わせ方について説明しました。
  下絵は白木のマトリョーシカに先生があらかじめ鉛筆で引いてあるため、自分の好きな色を選び、好みの色が無い場合は、自分で絵の具を調合し、絵付けを行い、仕上げに自分の好きな絵や模様を描き足し、世界に一つだけのマトリョーシカを完成させました。


総合学習等受け入れ

 本校では、修学旅行・宿泊研修・総合学習向けプログラムを実施しています。
  8月27日(月)には、修学旅行の自主学習で、八戸市立新井田小学校6年生5名が本校を訪れました。 1時間の中で、イリイン・ロマン先生から、ロシア語のアルファベット(キリル文字)で自分の名前をネームカードに書き、バラライカやマトリョーシカ、サモワールといったロシアの民芸品に触れ、民族衣装に着替えて記念撮影しました。


国際会議「領事館開設160年記念 歴史と現在から見た日ロ関係」に参加して
本校教授 倉田 有佳

 去る9月9日から12日までの日程で、ウラジオストクを訪問した。5年振りのウラジオストクである。訪問の経緯は、2018年が日露交流年であり、かつ日本で最初のロシア領事館が函館に開設されて160年ということから、ロシア領事館をテーマとする報告の依頼を在日ロシア大使館から函館校が受け、筆者が参加することになった次第である。
  出発直前には、9月6日未明に北海道で発生した「胆振東部地震」の影響で、筆者の自宅は停電だけでなく、断水となった。水の確保に追われ、携帯の電源を心配し、丸二日間パソコンを打つこともなかった。幸い、函館を発つ前夜に電気が復旧し、大使館から届いたメールにより会議のプログラムを受け取り、ウラジオストク空港で出迎えがあることを確認できた。
  このたびの国際会議は、9月11日から13日まで開催される「東方経済フォーラム」に先立ち、9月10日、フォーラム会場と同じ、ルースキー島の極東連邦総合大学で開催された。会場では、日露交流年を記念してロシアで出版された写真史料集(ロシアに所蔵されている貴重な文書と写真で最初の遣日使節アダム・ラクスマン来航から現在までの交流史を辿るもの)が配られた。
  全体会議は、極東連邦総合大学アニーシモフ学長とエルミタージュ美術館ピトロフスキー館長の開会挨拶に始まり、続いて8名の来賓挨拶があり、研究者による報告では、ロシア科学アカデミー東洋学研究所ポポヴァ手稿部長から筆者を含め計8名が20分間の発表を行った。筆者は、「函館の三つの時代の領事館」をテーマに、幕末開港期に日本で最初のロシア領事館が函館に置かれた初代領事ゴシケーヴィチの時代、露領漁業の歴史と共に歩んだ20世紀のロシア・ソ連領事館、そして現在(21世紀)の函館事務所について、それぞれの時代の特徴をエピソードを交えながら述べ、160年に及ぶ函館の領事館の歴史を概観した。
  昼食は大学の学食で取り、午後(15時から)の分科会では、第一セクション「文化と歴史」と第二セクション「日ロ関係の歴史と現在」に分かれ、20名ほどが報告した。
  分科会には、ウラジオストクの研究者も多く、20世紀初頭のウラジオストクの日本人社会の研究者で、邦訳『ウラジオストク:日本人居留民の歴史1860〜1937年』の著作や、戸泉米子著『リラの花と戦争』の全訳(“Сирень и война”)を完成させた極東連邦総合大学ゾーヤ・モルグン助教授、元アルセニエフ博物館館長で、現在は沿海地方行政府文化部長のウラジーミル・ソコロフ氏など、旧知の研究者と再会した。
  日本からは、サハリン国立大学ワシレフスキー教授と考古学の共同研究を続けている東京大学佐藤宏之教授と福田正宏准教授、『中東鉄道経営史』や『シベリア出兵』の著者である岩手大学麻田雅文准教授、そして『白系ロシア人とニッポン』等、日本語の著作も数多く出している青山学院大学ピョートル・ポダルコ教授が参加し、各研究成果について発表があった。
  会場となった大学主要棟の中会議室(吹き抜け2階)の下では、経済フォーラムに出展するロシアの有名企業のブース設営が行われていた。
  特筆したいのは、2014年に「ロシア極東大学留学生支援実行委員会」(※)の招きで函館校へ短期留学に来たヤーナと思いがけず再会したことである。当時大学3年生だったヤーナは大学院に進学し、卒業後「ロスコングレス」社に就職した。同社は、ロシア連邦で催される大会、展示会などのイベントを開催するロシア最大のオペレーターで、今回の国際会議のスポンサーでもある。ヤーナはプログラムの中に筆者の名前を見つけ、わざわざ会いに来てくれたのだ。
  帰国後、函館留学中のヤーナをホストファミリーとして受け入れた佐藤さんに、ヤーナが英語・日本語の通訳として活躍していることなどを伝えると、たいへん喜んでくださった。


(※)函館の青年6団体(函館青年会議所、函館法人会青年部会、函館建青会、函館青色申告会青年部、函館商工会議所青年部、えぞ共和国)から構成され、函館日ロ親善協会がオブザーバーとなっている。今年で22回目、ウラジオストク本学から100名以上の学生を受け入れてきた。

 最後に、ウラジオストク本学を会場とした国際会議の全体会議で発表できたことを光栄に思うと同時に、旧知の研究者や知人、そして元留学生のヤーナに会う機会が得られたことに感謝したい。

「日ロ交流写真展」が本校ロシアセンターで開催されました

 在函館ロシア帝国領事館開設160周年、北海道・サハリン州友好・経済協力提携20周年、在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所開設15周年を記念し、「日ロ交流写真展」が9月25日(火)から29日(土)まで函館校ロシアセンターで開催されました。
  この写真展は、在札幌ロシア連邦総領事館が主催者となり、北海道、函館市、在日本国ロシア連邦大使館、北海道新聞社、日本ユーラシア協会が後援し、北海道日ロ協会、北海道・ロシア文化協会サハリン州政府、ロシア極東連邦総合大学函館校、函館日ロ親善協会、函館日ロ交流史研究会が協力しました。
  25日のオープニングセレモニーには、工藤壽樹市長や本校イリイン校長ほかが来賓として参加し、また一般参加者を含め約50名が出席しました。ガルージン・ミハイル駐日ロシア連邦特命全権大使の挨拶では、最初に9月初旬に今年4回目となった東方経済フォーラムで、日ロの歴史研究者によるシンポジウムが開催されたことに言及され、交流を通した人々の相互理解が重要であることを強調されました。続いて今回の写真展では、いずれも明るい歴史の場面を示しており、未来志向のものばかりであることに触れ、未来に向けて日ロ交流の輪がさらに広がることへの期待が述べられました。