極東最大の大学への留学

114年の伝統と世界各国からの教授陣を誇る極東連邦総合大学。
ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3か月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1か月間寮で 生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。

詳しく読む

極東連邦総合大学(ウラジオストク本学)

本校駐車場の利用について

本校建物に隣接する函館市国際交流施設駐車場は、所有者である函館市の制度変更のため、平成27年4月1日より北海道国際交流センター(HIF)およびロシア極東連邦総合大学函館校専用となり、関係車両以外は使用できなくなります。極東大学にご用の場合、来客用の駐車スペースは5台と限られておりますので、できるだけ公共交通のご利用をお願いいたします。 なお、この措置に関するお問合せは、函館市企画部国際・地域交流課(TEL0138-21-3619)へお願いします。

お知らせНОВОСТИ

第1回オープンキャンパス終了

第1回オープンキャンパス終了

2016.6.20

 6月18日(土)、久しぶりの好天に恵まれた中、今年度第1回目のオープンキャンパスが終了しました。今回の参加者は7名(う...

詳しく読む

杉本侃客員教授による特別講義が開講されました

杉本侃客員教授による特別講義が開講されました

2016.6.15

 本校では、年に1回、杉本客員教授による特別講義「日ロ貿易論」を実施しています。 杉本先生は、東京外国語大学ロシア学科を...

詳しく読む

ビジネスセミナー・「会社」の成り立ちと雇用形態

ビジネスセミナー・「会社」の成り立ちと雇用形態

2016.5.31

 5月30日(月)、今年度第1回目の学生向けビジネスセミナーを開催しました。セミナーは川重商事元社長・渡辺善行氏を講師に...

詳しく読む

宮城教育大学附属中学校2年生のみなさんが「総合学習調査研究活動」来校しました

宮城教育大学附属中学校2年生のみなさんが「総合学習調査研究活動」来校しました

2016.5.27

 5月25日(水)、宮城教育大学附属高等学校2年生の4名のみなさんが来校しました。「総合学習調査研究活動」ということで、...

詳しく読む

第1回オープンキャンパスを実施します!

第1回オープンキャンパスを実施します!

2016.5.25

 本年度も2回オープンキャンパスを開催します(参考:昨年度の第1回オープンキャンパスの様子)。 第1回「オープンキャンパ...

詳しく読む

2016年度一般向け公開講座開講!

2016年度一般向け公開講座開講!

2016.5.17

 「ロシア語市民講座」と「はこだてベリョースカクラブ」、二つの公開講座が今年も開講しました。 本年度の「ロシア語市民講座...

詳しく読む

ロシア人墓地のボランティア清掃を行いました

ロシア人墓地のボランティア清掃を行いました

2016.5.16

 5月14日(土)、毎年恒例のロシア人墓地清掃を行いました。 例年、在札幌ロシア連邦総領事館が中心となり、函館校教職員や...

詳しく読む

「NHKワールド・ラジオ日本」に出演します

「NHKワールド・ラジオ日本」に出演します

2016.4.18

 海外向けの短波・中波ラジオ放送「NHKワールド・ラジオ日本」のロシア語放送では、函館校のデルカーチ・フョードル副校長が...

詳しく読む

ロシア極東連邦総合大学函館校はロシアのスペシャリストを育成しますспециалист

川重商事(株)
森谷 美里
(2012年ロシア地域学科卒業)

 私は函館校で4年間ロシア語を学びました。その4年間の中で一番思い出に残っていることはウラジオストクの留学です。私のロシアに対する潜在的な偏見がなくなり、ロシアを本当の意味で学ぶことができたと思います。そして一度ロシアで生活したことにより、日本の生活の水準の高さに驚かされました。違う目線からロシアを見て、今この国際社会の中でどうやって日ロ関係が発展できるか、常に考えています。
 残念ながら、国際社会でロシア語を活かせる場は限られています。でもそれは問題でありません。複雑でとても難しいとされるロシア語を修得した“プロセス”を活かせば、どんな困難なことでもやれると思うのです。
 今、私は海外事業に携わっていて、主に台湾や中国の陸用タービンのアフターサービスを担当しています。お客様とのやりとりはすべて英語。ビジネス英語の経験はなかったので、アテンドの際に積極的にお客様に話しかけるなど実践しながら勉強中です。ロシア語の仕事も増やしていければ最高ですね。

(株)東洋トランス
豊留 大和
(2008年ロシア地域学科卒業)

 私はロシア物流に強みを持つ会社のモスクワ駐在事務所で輸送・通関の営業及び業務を担当しています。100名近くのロシア人従業員を抱える中、日本品質のサービスをお客様に提供できるよう日々努めています。実務では顧客や代理店との連絡は基本的に英語、従業員への指示やローカル業者への依頼はロシア語を使っています。
 「最後の大国」といわれたロシアもWTOへ加盟し、市場の開放により今後は日系企業のロシア進出が増えていくと予想しますが、一方でロシア語人材の需要は高まっていないように感じます。 国際社会で取り残されないためにまずは英語、その上でロシア語を身につけられれば、これから社会に出る学生にとって大きな武器になると思います。

(株)函館国際貿易センター
ロシア極東連邦総合大学函館校同窓会会長
小柏 哲史
(2007年ロシア語科卒業)

 私は現在、地元函館でサハリンの石油・天然ガス開発プロジェクトに関連する仕事を担当しています。外国人のクライアントの中にはロシア人だけでなく、欧米人の顧客も多いので、英語の必要性も日々感じています。大学で学んだ知識を活かし、仕事を通じて函館市に地域貢献をする、というとても充実した毎日を送っています。
 また、本校は1994年の開校以来、約200名を超える卒業生を輩出し、多くの卒業生が日ロ関係に携わる仕事をしています。私も同窓会長として大変喜ばしく思っています。


小早川 眸
(2012年ロシア語科卒業)

 私は2012年にロシア語科を卒業後、ウラジオストク本校(極東連邦総合大学)の日本語学部にて日本語教師となりました。
 そのかたわら、空いた時間には現地の日本人のための補習校の国語教師、また学生としてルースカヤシュコーラ(極東連邦総合大学付属の外国人のためのロシア語学校)でロシア語の勉強もしました。
 2014年に帰国し、現在は北海道とロシアのビジネスのサポートプロジェクトのロシア語のスペシャリストとして、ビジネスマッチングの通訳として働いています。北海道はロシアと近いですし、最近は特にロシア語の必要性が高まってきていると感じております。
 みなさん、ロシア語の勉強頑張ってくださいね! 一生懸命勉強すれば必ず役に立つはずです!