学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.105 2020.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

事務局より

極東大学のコロナ対策 事務局長 大渡 涼子

 コロナが学校生活にも暗い影を落とし始めた今年3月の卒業式、ならびに4月の入学式は式歌斉唱や来賓の出席を取り止め、簡素短縮化して実施しました。早速今年度の授業を開始し、4月17日(金)までの6日間は通常通り対面授業を行いました。それにより、新入生たちもクラスメイトや教員になじみ、学生生活をスタートさせることができました。
 しかし、監督官庁である北海道から「延べ面積1,000㎡を超える専修学校」というカテゴリーで我々にもコロナ対策の休業要請がなされたため、4月20日(月)から5月31日(日)まで学校を閉鎖することになりました。最初の5日間は完全に授業も停止し、学生には思わぬ、そして不安な休暇が与えられました。
 その間学校では早急にオンライン授業に対応すべく、テレビ会議「ライブオン」システムの導入や中古のノートパソコン購入、ウェブカメラや非接触型の体温計手配など様々な準備を行いましたが、世界中どこも供給不足で思うような機材・環境が整わないこともありました。
 すべての教職員が知恵をしぼり、情報交換をしながら慣れないオンライン授業に挑みました。まず学生全員に自己所有のパソコンの有無や自宅のネット環境についての調査を行い、機材が無い学生には掻き集めたパソコンやウェブカメラを貸与しました。教員は自宅あるいは学校から双方向の授業を行いましたが、校内のWi-Fi環境が脆弱で画像が固まるなど苦労したため、Wi-Fiのスピードを上げる工事も行いました。事務局職員は、毎時間オンライン授業の開催状況を確認し、不具合のある学生には個別に電話して、原因と対策を探り、すぐさま授業が受けられるよう、学習環境を整えるサポートをしてまいりました。
 一番苦労したのが体育で、集まって実技ができない以上、オンラインで体操したり、保健の授業に切り替えるなど工夫しました。
 6月に入ると道の休業要請も解除されたため、まずは月・水・金を登校、火・木をオンラインとして、ひと月以上ステイホームしていた体を徐々にならしていきました。
 学生は新しい習慣も身に着けました。登校したら、まず手洗い、その後検温して記録する動作は今も続けています。教室内の積極的な換気、そして密を避けるためレイアウトを変更して各人が距離を取って座る配置にしました。校内のドアノブや自販機、トイレなどは毎朝事務局員が消毒をして、極東大学から感染者を出さぬよう、細心の注意を払っております。
 4月に5日間授業を行わなかった関係で、夏休みが1週間遅いスタートとなりました。まだまだ帰省や移動を控える学生も多く、函館に残って前述の「卒業論文アーカイブ作業」に参加し、完成させてくれたことも、今年ならではの現象かもしれません。
 11月から始まる入学試験についても、今年度はすべてオンラインで実施することと決定しました。
 誰もが予測不可能、経験したことのない異常事態であり、学生は相当窮屈な思いを強いられていることでしょう。しかしながら極東大学は学生・教職員一丸となってコロナに立ち向かい、9月の後期からも問題なく対面授業を行っております。函館は幸いコロナ感染者が少なく、クラスターも発生しておりませんが、引き続き緊張感を持って対策を講じていきたいと考えております。

学務課お知らせ

АБВГ-Day開催

 12月16日(水)、第13回АБВГ-Day(アーベーヴェーゲーデイ)を開催します。これは学年問わず全学生が集う「言語のお祭り」です。発表に際し、決まり事は「ロシア語で行うこと」それのみです。それ以外は、自分の気になっているものや歌でも問題ありません。好みの発表方法で、日ごろの学習の成果を発表しあいます。
 学年の垣根を取り払い、学習成果を試し、かつ舞台度胸をつけるチャンスです。準備にとりかかりましょう。

冬季休業

 今年度の冬季休業は、12月21日(月)から1月8日(金)までです。
 期間中、平日は事務局での各種手続き、図書室の利用は可能ですが、12月29日(火)~1月5日(火)は、年末年始休業のため校舎を閉鎖します。
 後期授業再開日は1月12日(火)です。

JASSO奨学金~給付型奨学生の皆さんへ~

 給付型奨学金を受給している学生は、7月と10月の定められた期間内にスカラネットPSで「在籍報告」をしなくてはなりません。「在籍報告」は引き続き学校に在籍していること及び通学形態の変更の有無等を確認する大切な手続きです。在籍報告の提出がない場合は、振込みが止まり、給付奨学生の資格を失うことになりますので、注意してください。
 第2回10月の在籍報告期間は下記の通りです。
 10月5日(月)~10月16日(金)
 8:00~25:00※土日祝日も可

お知らせ

本校ホームページ内で「WEBオープンキャンパス」体験

 本校ホームページに新しいページができました。その名も「WEBオープンキャンパス」です。
 これは、新型コロナウイルス感染症の影響でやむを得ず、オープンキャンパスに参加できない受験希望の方に向けて作成したものですが、今年度のオープンキャンパスは終了してしまったけど、どんな学校だろうと気になった方など、どんな方にも有用なページです。
 このページは、本校の様子について動画をアップしていくものです。現在は、本校の学生がナレーションをした学校紹介ビデオと教職員自己紹介ビデオをアップしていますが、今後は学生も撮影・編集に参加し、学校行事等を随時更新していきます。
 本校の様子を動画で見ていただくことで、入学を検討している人だけでなく、どのような学校か知ってもらえるかと思います。ぜひ一度こちらのページに足を運んでみてください。
 また動画を見た上で、不明な点はオンライン個別相談会も行っているので、お気軽にお問合せください。
※オンライン個別相談会について
・Zoomを使用して行います。カメラの付いたPCやタブレット、スマートフォンをご用意ください。
・お申込みについては、詳細ホームページをご覧ください。もしくは、事務局0138-26-6523まで、お問い合わせください。

HAKODATEアカデミックリンク2020WEB開催!!

 函館市内8高等教育機関の学生が一堂に会し、普段研究している内容や成果などをポスター展示や実演などによって発表し合う合同研究発表会「アカデミックリンク」が、今年度はWEB開催することに決定しました。
 11月28日(土)から、3週間の予定でキャンパス・コンソーシアム函館の特設ホームページ内で、発表動画や、発表ポスターなどを閲覧することができます。本校学生も参加予定です。
 詳細については、ホームページで再度お知らせします。

第23回はこだてロシアまつり開催

 今年度の「はこだてロシアまつり」は、来年2月11日(木・祝)に、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を行って実施する予定です。当日のプログラムについては、詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

短信

今年度のウラジオストク留学実習について

 毎年9月に出発するロシア地域学科3年生およびロシア語科2年生のウラジオストク留学実習について、新型コロナウイルスの影響から当面延期、としておりましたが、このたび年度内の実施は困難と判断し、中止となりました。
 本来留学実習に行っているはずの期間は函館校で代替の授業を行い、来年4月以降、渡航環境が整った時点で留学することとします。またその場合、ロシア語科2年生は留学を経験せずに卒業を迎えることになりますが、学生本人が希望する場合には、卒業後でも函館校の学生として留学する権利は留保します。

今年度のロシア人留学生来函 中止について

 例年、(一社)函館青年会議所・(公社)函館法人会青年部会・函館建青会・函館青色申告会青年部・えぞ共和国・函館商工会議所青年部のまちづくり青年6団体などから成る「ロシア極東大学留学生支援実行委員会」の招聘事業により、ロシア人留学生が来函していましたが、今年度は世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大およびロシアでも終息の様相が見えず、ロシアの極東連邦総合大学からも、このような状況で学生を日本に送り出せないとの回答がありました。
 よって、今年度の事業実施は中止となりました。

教室の学習環境を改善

 学生自治会の話し合いの結果、教室の机と椅子について、座りづらく、苦痛なので、新しいものに変えてもらえないか、との要望が出されました。校内の備品は開校した27年前から、あるいはそれ以前にこの建物が代々、函館白百合高校→函館稜北高校→函館西高校の仮校舎、として使われてきた経緯があることから、いつの時代のものかわからない、昔の小中学校で使うような古い形のものでした。

 座って90分授業を受けるには居心地の悪いものであることは否めず、学生の学習環境向上のためには必要と判断し、夏休み中に一部教室の椅子をクッション付きの明るい色調のものに、机も研修デスクという軽くて移動しやすいものに入れ替えました。学生からは気分も明るくなった、と好評です。年度内には主だった教室で机、椅子とも入れ替えが完了する予定です。

就職ガイダンスを開催

 9月25日(金)、就職を希望する全学生を対象に「就職ガイダンス」を開催しました。
 本校キャリア相談員である本間秀行氏(函館山ロープウェイ㈱元社長)から、最近の就職事情として、コロナ禍で企業説明会やインターンシップが軒並み中止となっている現状などが紹介されました。また、本校の卒業生たちが過去どのように就職活動をし、どういった企業に決まったか、極東大函館校の学生に求められるものは何か、といった具体的なイメージができるようなお話があり、スマホによる性格診断や就活サイトへの登録が推奨されました。
 続いてロシア関連企業に就職が内定したロシア地域学科4年の平原響さんが、「就活体験報告」と題し、自分が行った自己分析の方法や企業研究の必要性、今年特有の現象として自身が体験したオンライン面接について紹介しました。
 参加した学生からは、身が引き締まる思い、といった感想も聞かれました。これからの学生生活でなすべきことなども見えてきたのではないでしょうか。

オープンキャンパス実施

 6月に予定していたオープンキャンパスは新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、9月27日(日)に十分な換気や会場内の人数制限を行うなど感染症対策を行って開催しました。
 イリイン校長の挨拶の後、大渡事務局長から学校パンフレットに沿って本校概要や学費、入試制度等について説明しました。その後は、場所を移して、デルカーチ副校長の「実用ロシア語文法」の模擬授業を受けていただきました。1年生が入学して半年で、ここまでロシア語を読めたり話せたりする姿に驚かれている参加者の方が多かったようです。
 次に限られた時間ではありましたが、3つのグループに分かれてピロシキとお茶を食べながら、自治会役員による学生生活の発表を聞き、またその発表を元に話をするなど、盛り上がりました。
 今年度のオープンキャンパスは今回のみになってしまいましたが、学校見学やオンライン個別相談会も随時実施しておりますので、ご希望の方はお気軽に事務局までご連絡ください。

函館日ロ親善協会からのお知らせ
7~9月の主な活動実績

○ 定期総会

 例年5月開催の定期総会・懇親会を新型コロナウイルスのため見送りとし、書面協議という形で行いました。令和元年度の事業報告および決算報告、併せて令和2年度の事業計画案と予算案が7月14日付で承認されております。
 ここ数年、毎年9月に開催されるイベント「はこだてグルメサーカス」に協会として出店し、ピロシキとボルシチの販売を行ってきましたが、イベント自体が中止となったため、会としても参加はせず、このほかに大きな動きはありませんでした。

○ 10月以降の予定

 12月中旬には協会恒例、在函ロシア人・ウクライナ人とのクリスマスパーティーを予定しております。札幌の総領事が交代されましたので、マーリン・セルゲイ新総領事をお招きし、講演会なども企画しております。内容が決まりましたらあらためてご案内いたしますので、是非ご出席ください。

係りより

 校内行事も「ウィズコロナ」で、新しい形を学生と模索しながら行えるようになってきました。何ができるか何をするか、一人一人が意識して行動しましょう。

(福尾)


КАЛEНДАРЬ 行事予定表
Октябрь 10月   Ноябрь 11月   Декабрь 12月
1 法学入門② 1 1
2 貿易実務① 2 2
3 3 文化の日 3
4 4 4 火曜授業
5 5 5
6 6 貿易実務④ 6
7 7 7
8 8 8
9 貿易実務②税関見学 9 9
10 10 10 法学入門⑦
11 11 11
12 12 法学入門⑤ 12
13 13 貿易実務⑤ 13
14 14 14
15 法学入門③ 15 15
16 特別授業 16 16 АБВГ-Day
17 17 17 法学入門⑧
18 18 18
19 19 月曜授業 19
20 20 貿易実務⑥ 20
21 21 21 冬季休業〜1/8
22 22 22
23 貿易実務③ 23 勤労感謝の日 23
24 24 日ロ貿易論 24
25 25 25
26 26 法学入門⑥ 26
27 27 貿易実務⑦ 27
28 28 アカデミックリンク 28
29 法学入門④ 29 29 事務局休業
30 30 30 事務局休業
31 31 事務局休業