学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

"Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

寄稿 -卒業生からの寄稿-

「学生生活を振り返って」 ロシア語科卒 宮川 佑介

  紆余曲折を経て、初めて函館のフェリー乗り場に降りた時のことは今でも鮮明に思い出すことができます。晴れ晴れとした青い空とまだ冷たい空気、ロシア語に希望を見出し勇んで海を渡った私の心と同じようにさわやかでした。しかし心の片隅には不安もありました。その時すでに私は28歳で、他の学生とのギャップは無いか、スムーズにロシア語を習得できるかなどでした。
  入学式が終わり徐々に学校生活が本格化していく中で、最初に感じていた希望も不安も現実のものとなっていきました。やはりロシア語は今まで身近にあったものではなかったので憶えづらく、理解しづらい箇所もありました。でもだからこそ「もっと真剣にやらなければ」と益々やる気がみなぎり、最後まで情熱を失わずに勉強することができました。
  他の学生達とのコミュニケーションも最初は硬くぎこちないものでしたが、イベントなどで共に過ごしていくうちに自然体で過ごせるようになっていきました。歌を通してロシア語の勉強をしようと思い合唱サークル『コール八幡坂』にも入りました。
  こうして授業以外でも楽しみを見つけ、不安を「刺激」に変えていったことが無事に卒業できた要因の一つだと実感しています。
  そしてその「刺激」の中でも最大のもの、それはロシアへの渡航でした。必修科目の留学を含め、私は幸運にも3回ロシアに渡ることができました。このうち2回目の北海道庁主催「未来のビジネスリーダー養成事業」では、ロシア進出を考えている企業の方とも接することができ、それがきっかけとなり就職へと結びつきました。積極的に学内外の活動に参加してきたことが報われたように思え、その感動は忘れることができません。
  思い返せば、私は活動的な分、空回りすることも多かったと思います。そんな私の疑問に授業中丁寧に答えてくださった先生方、日ごろから学校生活を支えてくださった事務局の方々、辛い時も楽しい時も共に過ごした仲間たち、多くの方々にお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

「学生生活を振り返って」 ロシア地域学科卒 三好 拓

  初めてロシア極東大学函館校を知ったのは、NHKラジオのロシア語講座からだった。テキストの裏表紙に広告が載っており、興味がわいたのがきっかけだった。入学の前年の秋に一度、見学に訪れた。
  見学させてもらったのは1年生の会話のクラスだった。その年の春に入学した新入生が、半年余りの期間にもかかわらず、教師とタルコフスキーについて話していたのが強く印象に残った。元々、少人数制の学校を希望していた私はその時に入学することを決めた。
  入学式や最初の頃の授業に感じた緊張、函館での一人暮らしの始まりに感じた高揚感は、月並な表現になるが、今でも昨日のことのように思い出すことができる。2年次には、JTから奨学金を頂き、モスクワ・ペテルブルクの日本企業へインターンシップに行った。3年次にはウラジオ本学への留学、そして北方四島交流事業で色丹島に通訳補助として参加した。どれも普段の生活では決して体験できないことばかりであり、忘れられない思い出となった。
  1年次、私たちの学年は11人いた。それが家庭の事情や将来に対する新たな目標ができるなどの理由により、2年次には半数になり、最終的に4年生は、私を含めて2人が卒業する形になった。
  その間、自分だけが取り残されているという気分になったことも幾度かあった。私には、4年前期の時点で自分たちの学年には、明確な目標が定まっている人間は一人もいないように見えた。それは自分にとって気楽であり、不安でもあった。心の中で、ほかの人よりも先んじて就職してやろうと思いつつも、会社面接には落ち続けていた。しかしそれはまだ同級生がいた場合の話で、仮に4年制を選択したのが私だけだったら、どうなっていたかは分からない。
  結局、無事に内定も決まり、晴れて卒業と相成った。この大学に入学して学んだこと、体験したことは自分にとってかけがえのない財産であり、良き思い出になると思う。

卒業生謝辞
▲卒業式謝辞

「第4回世界のこどもフェスティバル」で通訳を務めて ロシア地域学科4年 奥山 茜

  今年函館市と姉妹都市提携20周年を迎えるロシアのユジノサハリンスク市からやってきた民族舞踊団「プレイダンス」のアテンド通訳として、函館市職員の方一名と共に新千歳空港から函館までの道を案内しました。
  2月22日夕方、新千歳空港で「プレイダンス」の団員6名と指導者、計7人を出迎え、札幌駅周辺に位置する宿泊先まで電車で移動しました。札幌駅の広い地下通路や通りにある記念像など、普段私たちが気に留めない風景を必死にカメラで撮る様子は、私が昨年留学実習先のウラジオストクでしていたことと同じでした。翌日の昼に函館へと向かう予定でしたので、夕食をホテル内のレストランで済ませた後、市街地を観光することにしました。
  日本三大がっかりスポットとして知られている「時計台」や、大通公園で圧倒的な存在感を放つ「テレビ塔」、ライトアップされ赤煉瓦の美しさが雪景色と調和していた「北海道庁旧本庁舎」など、札幌観光の要となる場所を案内しました。団員の多くは初めての来日ということでしたので、天候に恵まれながらゆっくりと観光地を案内でき、よかったと思います。というのも、昨年、「第3回世界のこどもフェスティバル」のアテンド通訳として、今回とは別の舞踊団と共に札幌を訪れたときは、悪天候でしたので札幌駅に隣接する複合施設での買い物となり、これらの観光地を訪れることが出来なかったのです。
  アクシデントが起こったのは翌日でした。特急電車で函館へと向かう予定だったのですが、列車の脱線事故が起こり、急遽タクシーでの移動となったのです。列車での移動を楽しみにしていた団員もいたのですが、「今回は仕方ないね。でも次に来たときは乗りたい。」と語ってくれました。タクシーが来るまでの間、買い物がしたいというので「Forever 21」に行き、試着室の使い方やサイズの有無などを確認しました(彼女達の体の細さといったらもう!)。
  昼前にタクシーに乗車し、無事に夕方函館の宿舎まで彼らを送り届けることができたときは、かなり安堵しました。というのも、昨年案内した舞踊団の団員とは年齢が違う点や、出身地が同じでもロシア語のアクセントが異なる点で大いに動揺していたのです。本学での留学実習中に出会った人たちは、私がロシア語を学んでいるということを考慮し、ゆっくりと話してくれ、単語を別の言葉で言い換えてくれることもありました。
  しかし、今回私は「通訳」として彼女たちと接するということで、上記の点で改めて「通訳」という仕事の大変さを実感し、ロシア語を勉強して3年目にも関わらず、まだまだ勉強不足ということが身に沁みました。
  2月28日に函館校を訪れてくれた際は、市内で開催された「第4回世界のこどもフェスティバル」での発表や、小学生との交流も楽しんだようで、日本での思い出がたくさんでき、とてもうれしいと語ってくれました。

プレイダンスと
▲来校した舞踊団「プレイダンス」と

函館日ロ親善協会からのおしらせ1~3月の主な活動実績

○2月11日(土・祝)

  当協会が後援するロシア極東大函館校の第19回『はこだてロシアまつり』が開催されました。「ウラジオストクの冬と春」をテーマにマースレニッツア(冬を追い出し春を呼ぶロシアの伝統行事)をメインイベント、シチー(ロシアを代表するキャベツスープ)、ブリヌィ(ロシア風クレープ)、ピロシキなどを楽しめるレストラン、チェブラーシカグッズなどを扱った雑貨販売のほか、ロシア語教室、チェス教室、学生発表、そして「コール八幡坂」による合唱などが行われました。また今年は、山口ミルコ氏講演会「がん闘病→がん克服→再出発ロシアへの旅」も開催され、たいへん多くの市民で賑わいました。
  今年はユジノサハリンスク市と姉妹都市提携20周年、ウラジオストク市とは25周年の記念の年ですが、当協会でも、恒例となった「はこだてグルメサーカス」参加など様々な事業を予定しております。会員の皆様には、5月開催予定の総会において事業計画をお示しいたしたいと思います。
  新年度も皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

係より

  日ロ関係の進展が期待される中、ロシア語・ロシアを専門的に学ぼうという新たな仲間を迎えました。互いに思いやり、また切磋琢磨しながら、成長の1年となるようがんばりましょう。

(倉田)

КАЛEНДАРЬ  行事予定表
Апрель 4月   Май 5月   Июнь 6月
1   1   1  
2   2   2  
3   3 憲法記念日 3  
4   4 みどりの日 4  
5   5 こどもの日 5 特別講義「日ロ貿易論」
6   6   6  
7 入学式 7   7  
8   8   8 法学入門⑤
9   9   9  
10 オリエンテーション
教科書販売
10   10  
11 開校記念日(休校) 11 法学入門③ 11  
12 前期授業開始
食堂営業開始
12 集団健康診断 12  
13 法学入門① 13   13  
14   14   14  
15   15   15  
16   16   16  
17 JASSO在学採用説明会 17   17 第1回オープンキャンパス
18   18   18  
19   19   19 ビジネスセミナー①
20   20   20  
21   21   21  
22   22   22 法学入門⑥
23   23   23  
24 留学説明会 24   24  
25   25 法学入門④ 25  
26 JTインターンシップ説明会 26   26  
27 法学入門② 27   27  
28 自治会新入生歓迎会 28   28  
29 昭和の日 29   29  
30   30   30  
  31