学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.93 2017.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

「2017ウラジオストクの旅」/ロシア極東連邦総合大学函館校総務課長大渡 涼子

  はじまりはただ、「ウラジオストクに行きたい!」という私の単純な思いだけだった。私にとっては2009年10月、極東大学110周年記念式典に訪れて以来であり、その際は学生とともに当時の極東大学から中央広場までオケアンスキー通りをパレードした。式典のクライマックスでクリーロフ学長が、極東国立総合大学がロシアで3番目となる連邦大学に昇格することを発表した。キャンパスをルースキー島に移すなど今後の発展を大いに期待させる内容であった。
  事実、2012年アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議開催のため、ルースキー島には国際会議場を備えた立派な建物が整備され、終了後には極東大学のキャンパスとして生まれ変わった。各国代表の宿泊施設は学生寮となった。ウラジオストク中心部からルースキー島までを結ぶ二つの大きな橋が架けられ、利便性が上がった市民から歓迎された。そんなキャンパスの様子、新しいウラジオストクを私はこの目で見たかったのだ。
  ちょうど今年は函館とウラジオストクが姉妹都市提携を結んで25周年にあたる。それに今年のお盆休み、仕事は6連休となる。「それじゃあ今年、行っちゃおうか」、そんなことを思いついたのは、2月初めのことであった。まず旅行会社に相談してみたところ、スケジュール的には今年から成田―ウラジオ便が就航したオーロラ航空を利用するのが良さそうだ。プロペラ機だが、値段もS7航空より数万円安い。世界各地でテロが頻発するこの頃は、ウラジオストクは「日本から一番近く、比較的安全なヨーロッパ」として人気があるという。現に3月に申し込んでも日本人に人気の第一希望のホテルは満室で、私たちは古くからあるワンランク上のホテルヴェルサイユに泊まることとなった。
  かねてより私の気がかりだったのは、函館校のロシア語市民講座受講生のみなさんは一生懸命修練を積んでいるのに、日常でロシア語を使う機会がほとんどないということだった。現地でロシア語の腕試しをしてほしい、街の空気を肌で感じてほしい。そこで3月初め、本当に簡単な日程と予算で旅行の計画を立て、市民講座受講生と函館日ロ親善協会会員に提示したところ、すぐにまとまった数の参加希望者が現れた。
  結果、市民講座6名、親善協会4名、極東大学職員2名(一部重複)プラス千葉県在住の作家で今年のロシアまつりで講演していただいた山口ミルコさんを加え、10名からなる市民訪問団ができ上がった。しかも10名すべてが自腹である。だから本当に行きたい人が集まったと思っている。そのほか、興味はあったが家庭や仕事の事情で断念した人もいたので、予想以上の反響があったと言えよう。
  みなさんの希望を聞くと、私と同じくウラジオを再訪したいという人、現地で古い友人に会いたいという人、このためにパスポートを取得して初海外という人もいた。私は思い付きで始めたことに責任を感じ、だったらみんなが心から楽しめる旅に、そしてそれぞれが自分でロシア語を話し、自由に街を歩けるスケジュールにしようと考えた。日程も8月11日(金)~16日(水)の5泊6日が基本であるが、個人の都合で早く行った人、早く帰った人もあり、4パターンと融通を利かせた。
  ロシアが誇る世界的指揮者ワレリー・ゲルギエフが芸術監督を務める話題のマリインスキー沿海州劇場で観劇したい、ルースキー島にできた世界最大級の水槽を持つ水族館「オケアナリウム」に行きたい。黒澤明の映画「デルス・ウザーラ」で有名な探検家アルセーニエフの家にも行きたい。本屋さんに行く、市場にも行く。全員が同じ予定ではなく、興味がないところは別行動、疲れたらホテルで休む。だけど夕食はなんとなくみんなが集まり、グルジア料理やウズベク料理といった日本ではあまりお目にかかれないものを堪能した。最初は私の立てた自由な計画に不安を抱いていた人も、旅の途中からそれは払拭されたようで、全員がとても楽しかった、またぜひ行きたいと言ってくれたので、私は「この訪問団を組んでよかった」と心から思った。
  念願の新キャンパス訪問では、広大な敷地を案内してもらい、APECが行われた会議場にも入れてもらった。ここは今年で3回目となった東方経済フォーラムの会場でもあり、日本からは昨年に続き、安倍首相が出席した。会議場の円卓に座ってもよいとの許可を得て、調子に乗った私たちは、それらしく握手などして記念撮影した。
  現在は法学部長となったクリーロフ先生が一行を出迎えてくれた。街の様子は随分と変わり、私たちもそれなりに年を取り、それぞれの立場も変わった。だけどお互い大切にしてきた友情はこの25年間、変わらない。それを再認識した旅であり、今後もこの関係が続いていくことを切に願う。

会議場での様子
*旅の詳細は今後、函館校のブログ「極東の窓」に随時掲載します。

学務課おしらせ

АБВГ-Day開催

  11月8日(水)、第10回АБВГ-Day(アーベーヴェーゲーデイ)を開催します。これは学年問わず全学生が集う「言語のお祭り」です。函館校で学ぶ日本人学生はロシア語で、本学より留学中のロシア人学生は日本語で日ごろの学習の成果を発表しあいます。
  学年の垣根を取り払い、学習成果を試し、かつ舞台度胸をつけるチャンスです。すぐに準備にとりかかりましょう。

冬季休業

  今年度の冬季休業は、12月18日(月)から1月5日(金)までです。
  期間中、平日は事務局での各種手続き、図書室の利用は可能ですが、12月28日(木)~1月4日(木)は、年末年始休業のため校舎を閉鎖します。
  後期授業再開日は1月9日(火)です。

お知らせ

ロシア人留学生が来函します

  今年も、ロシア極東大学留学生支援実行委員会の招きにより、ウラジオストク本学で日本語を学んでいる学生4名が函館校に留学します。日本語を学び、日本文化を体験するこの事業は今年で21回目を迎えました。
  留学生は、ホストファミリーや函館校の学生との生活を通して、生きた日本語や、実際に日本を訪れなければわからない日本の文化・習慣を直接肌で感じ取ります。
  函館校の学生と留学生との合同授業も行われ、一緒に学校行事にも参加します。積極的に話しかけ仲良くしてください。
◎期間:10月25日(水)~11月14日(火)
◎留学生のお名前

キーチャ・アーシャ3年生
プロトニコワ・ダリーナ3年生
ブシュエフ・アレクサンドル3年生
ドルゴフ・イグナーチイ2年生

第20回はこだてロシアまつり開催

  今年度の「はこだてロシアまつり」は、来年2月10日(土)に開催する予定です。テーマは「ロシアまつり・二十歳」です。当日のプログラムについては、詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

短信

極東大ハンドボールチーム来校

  函館・ウラジオストク姉妹都市提携25周年を記念し、7月25日(火)~28日(木)、極東大学本学からハンドボールチーム13名が来函、函館大学・函館市高校選抜・函館大学付属有斗高校のチームと3つの親善試合を行い、2勝1敗の成績を収めました。
  政府の日露青年交流事業として行われたもので、試合のほか、市内観光や函館校の倉田有佳准教授による「函館とロシアの歴史を学ぶロシアゆかりの地めぐり」の散策授業も行われました。
  翌日の昼食時には函館校を訪れ、学生たちとロシア語でコミュニケーションを取り交流しました。

青森南高校ロシア語集中セミナー

  8月1日(火)~3日(木)の3日間、青森南高校外国語科でロシア語を専攻する生徒と教員が来校し、ロシア語を始め日ロ関係史や文化史など、大学の授業を体験しました。また、ロシア料理体験としてオリビエサラダを作り、試食しました。
  最終日にはイリイン・セルゲイ校長から修了証書が手渡されました。最初は中身の濃い大学の授業に戸惑った様子の生徒たちも笑顔で勉強を終えました。

第2回オープンキャンパス終了

  去る9月24日(日)に第2回オープンキャンパスを実施しました。同行者を含め、計20名の参加者をお迎えすることができました。
  イリイナ・タチヤーナ准教授による模擬授業では、1年生が、4月からの学習成果を披露しました。
  学校行事や学生生活については、学生自治会役員が、画像と共に紹介しました。
  卒業生の活躍では、平成16年度にロシア語科を卒業し、現在、独立行政法人国際交流基金に勤務する三方大輔さんから、学生時代の振り返りや卒業後の民間企業でのモスクワ駐在の経験、また現在の国際交流基金でのお仕事については、携わった事業を中心にわかり易く説明されました。最後に、日伊におけるローマを引き合いに、日露関係における函館の意義や函館校で学んだスキルを掛け合わせることで自分の価値を高めてほしいと、参加者のみならず、在校生に向けてもメッセージが送られました。
  教職員および在校生との懇談では、ピロシキ(ロシアのパン)とロシアンティーを楽しみながら、楽しい会話がはずみました。
  参加者のみなさんにとって、本校での学校生活を具体的にイメージできる機会となったのではないかと思います。

第2回オープンキャンパスの様子