学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.89 2016.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

2016 ウラジオストク/ロシア極東連邦総合大学函館校准教授タチヤナ・イリイナ

  8月、私は例年どおり、故郷であるウラジオストクに行ってきました。ただし、滞在中の過ごし方は、いつもと大きく異なりました。例年であれは、海で泳いだり、友人とコンサートや観劇に出かけるなど、活動的な時間を送るのですが、今年は、下の息子家族が、アパートのフラットの修理にかかりっきりになるため、孫娘のサーシャを預かることになったからです。
  我が家でのサーシャは、7時には私をたたき起こし、ここから長くあわただしい一日が始まります。息子夫婦は、水で戻す乾燥食品を離乳食として与えることが多いのですが、私はそれを不満に思っていました。そのため私は、牛乳で煮たカーシャ(粥)、ボルシチ(ロシアの代表的なスープ)、を作り、肉を焼いてあげました。
  毎日は、孫のご機嫌次第です。初めのうち、サーシャは、理想的にふるまい、私の言うことをきいていました。抱っこする必要もなく自然に寝入り、だだをこねることもありませんでした。おもちゃには関心が薄く、鍵、リモコン、電話などで遊ぶのが好きです。
  二人でアパートのバルコニーに出て、6つも昇降口のある横長の9階建てアパートの住人の様子を眺めていました。アパートの各昇降口にはベンチが置かれており、その上には木々が茂っています。あるベンチでは、年配の女性たちが座っておしゃべりを楽しみ、別のベンチには若いお母さんがベビーカーを横に置いて腰かけています。
  建物のはずれには、子ども用の広場があるため、子どもたちはブランコやすべり台で遊びます。犬を連れて散歩しているご近所さんも大勢います。ここではお互いが知り合いで、犬の名前までも知った仲です。
  天気の良い日には、一線を退いた年配の女性たちが、孫と一緒にバスで毎朝ルースキー島(ここには函館校の本学である極東連邦総合大学があります)まで出かけ、海で泳いだりします。
  私たちの暮らすアパートの昇降口付近には、野良犬が住み着いていますが、住人たちみんなで餌を与え、冬用の犬小屋まで作ってあげました。
  雨が降らない日は、私たちも散歩に出かけます。アパートの中庭には、いつも多くの人が集まっているため、時間はあっという間に経ってしまいます。
  サーシャは、最初は顔見知りしていた子どもたちとも、じきに仲良しになり、一緒に遊ぶようになりました。サーシャの機嫌は時々悪くなり、一人で遊ぶのを嫌がり、本に出てくる絵を指さしながら、一緒に遊んであげなければならないこともありました。こうして、毎日が過ぎていったのです。
  9月初め、ウラジオストクをプーチン大統領が訪れました。街では様々なイベントが行われ、私は友人と共に街の中央広場で行われる無料のコンサートに出かけました。「トレツキー合唱団」という非常に有名なグループが出演しました。リーダーの名前がトレツキーというのです。彼らのコンサートチケットは、通常であれば非常に高いため、この時とばかりに大勢が聴きにやってきました。女性は着飾り、高いヒールの靴を履いて来る人たちばかりでした。そのため、観客を観察するのがとても興味深かったです。幸い私たちは、舞台近くに陣取ることができました。音楽は観客を魅了し、皆が手を上に挙げながら歌っていました。
  後日、テレビでコンサートの録画を見ましたが、非常に多くの人たちを夢中にしていました。演目は多彩で、ポップミュージックだけでなく、英語によるオペラのアリアもありました。こうしたコンサートは、街の大広場で行われます。
  ウラジオストクでは、毎年夏にはロックフェスティバルが行われ、9月には国際映画フェスティバルも行われます。日本映画を見ることもできます。文化を楽しむことができるウラジオストクでの生活は、多彩で面白いです。
  サーカス、オペラ、そしてバレエ劇場。他にもいくつもの専用劇場があります。チケットは手ごろな値段で、チケット売り場も街の中心地にあるため、簡単に手に入ります。
  こんな素敵な街、ウラジオストクに是非来てください。きっと気に入ってもらえると思います。

学務課おしらせ

АБВГ-Day開催

  11月9日、第9回АБВГ-Day(アーベーヴェーゲーデイ)を開催します。これは学年問わず全学生が集う「言語のお祭り」です。函館校で学ぶ日本人学生はロシア語で、本学より留学中のロシア人学生は日本語で日ごろの学習の成果を発表しあいます。
  学年の垣根を取り払い、学習成果を試し、かつ舞台度胸をつけるチャンスです。すぐに準備にとりかかりましょう。

冬季休業

  今年度の冬季休業は、12月12日(月)から1月6日(金)までです。
  期間中、平日は事務局での各種手続き、図書室の利用は可能ですが、12月29日(木)~1月5日(木)は、年末年始休業のため校舎を閉鎖します。
  後期授業再開日は1月10日(火)です。

お知らせ

ロシア人留学生が来函します

  今年も、ロシア極東大学留学生支援実行委員会の招きにより、ウラジオストク本学で日本語を学んでいる学生が函館校に留学します。日本語を学び、日本文化を体験するこの事業は今年で20回目を迎えました。
  留学生は、ホストファミリーや函館校の学生との生活を通して、生きた日本語や、実際に日本を訪れなければわからない日本の文化・習慣を直接肌で感じ取ります。
  函館校の学生と留学生との合同授業も行われ、一緒に学校行事にも参加します。積極的に話しかけ仲良くしてください。

期間
  10月26日(水)~11月18日(金)
留学生のお名前
  スタルノワ・リュバーワ(2年生)
  コローヴィナ・ユーリヤ(2年生)
  キスリャンスキッフ・ニキータ(3年生)
  フォルマーリノフ・ユーリ(2年生)

第18回はこだてロシアまつり開催

  去今年度の「はこだてロシアまつり」は、来年2月11日(土・祝 )に開催する予定です。当日のプログラムについては、詳細が決まり次第、ホームページでお知らせします。

短信

第2回オープンキャンパス終了

  去る9月25日(日)に第2回オープンキャンパスを実施しました。同行者を含め、計15名の参加者をお迎えすることができました。
  デルカーチ副校長による模擬授業では、1年生が、4月からの学習成果を披露しました。

デルカーチ副校長による模擬授業

  学校行事や学生生活については、学生自治会役員の1年生2名が、画像と共に日本語とロシア語で紹介しました。今年3年目を迎えたJT夏季短期インターンシップについては、自治会役員であり、今年のインターンシップ参加学生でもあるロシア地域学科1年の工藤さんが、自らの体験と感想を交えて紹介しました。
  卒業生の活躍では、平成17年度にロシア地域学科を卒業し、現在は建設機械メーカに勤務する板橋史展さんから、学生時代の失敗談を交えながら、函館校で学ぶ強み、そしてハバロフスクやモスクワでの勤務経験に基づき、勉強も仕事も継続が大事であることなど、参加者のみならず、在校生に向けてもメッセージが送られました。
  教職員および在校生との懇談では、ピロシキ(ロシアのパン)とロシアンティーを楽しみながら、楽しい会話がはずみました。
  参加者のみなさんにとって、本校での学校生活を具体的にイメージできる機会となったのではないかと思います。

JTインターンシップに同行して 総務課長 大渡 涼子

  JT夏季休暇短期インターンシップは、日本たばこ産業株式会社(JT)様提供による奨学金を利用し、学生の学習意欲向上と将来の就職につなげるための研修として、2014年から3年間の予定でスタートしました。本来は学生だけでサンクトペテルブルクとモスクワを訪れ、企業訪問や見学を行う研修ですが、当初予定の3年目となる今年、継続の可否や内容について検証するため、事務局職員として同行することとなりました。
  本校の学生はカリキュラムの中で全員ウラジオストクに留学しますが、ロシア西側に行く機会はなかなかありません。学生にとっては見聞を広げるまたとない機会ですが、事前学習や与えられる課題も多く、終了後には報告書の提出も義務付けられます。
  大変ではありますが、大企業の東京本社やロシアの現地法人を訪問して、製造業・物流・商社、それに両市の日本センターなどを総合的に見ることができます。毎年受入企業団体のみなさまのご協力を得て、ご多忙の中、本校の学生のために業務内容の説明や現地で働くことについてなど、様々な質疑応答にもご対応いただいております。
  日本の本社そしてロシアのオフィスを訪ねることにより、その会社がどういう業務を行っているのか、日本人としてどんな働き方ができるのかを両方向から見ることができる絶好の機会です。日本を代表する企業の第一線で働く方々からは本当に貴重なお話を聞くことができました。
  目下学生の興味は「ロシア語を使ってどんな仕事ができるか」であるが、それより大切なのは「まずどんな仕事をしたいか」であり、ロシア語は後からついてくるもの。ロシアという国を好きになること、歴史や背景など総合的に勉強すること、ロシア語を使うチャンスはすぐにはなくても、いつかは来る、むしろ“ロシアロシア”と思いすぎないこと。英語ができることは大前提、ロシア語はプラスαであること。そもそも仕事をするうえで必要なのは語学ではなくコミュニケーション能力であり、積極的に話す、自分の思っていることを正しく伝えるディベート能力、そして継続する力である。また、現地で働くうえで、日本人と文化や考え方が違う点のバランスを取ることは大変だが、その難しさまたがおもしろいと思える、タフな精神力が必要であること。つまり、求められる能力は非常に高い。
  学生にこのようなアドバイスを直接していただける機会は大変ありがたいものでした。振り返って我々はどうだったか。もっと事前の下調べも必要であったし、積極性も必要であったと反省するばかりです。このことは今年参加した3名の学生だけでなく、他の在校生も深く心に刻みつけてほしいと考えます。
  今回同行して、いろいろな方々のご理解とご協力を得て成り立っている研修であることを実感し、あらためてすべての関係者のみなさまに謝意を表したいと思います。この検証結果を踏まえ、来年以降も奨学金を継続していただけるよう、より学生のためとなるプログラムの充実について、協議して参ります。

サンクトペテルブルク大学学生との交流
▲ サンクトペテルブルク大学学生との交流