学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.83 2015.4 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

函館校での19年/ロシア極東連邦総合大学函館校教授アニケーエフ・セルゲイ

 私がロシア極東連邦総合大学函館校の教師になってから今年で19年目になりました。どうしてウラジオストクの極東連邦大学の分校である函館校の教師になったかを把握するのに、思い返さなければならないことがあります。
 私事で、本当に恐縮ですが、幼い時に戻らなければなりません。日本という国と日本人についてはじめて聞かされたのは母親からで、私がまだ小学校の生徒だったことが記憶に残っています。
 母の故郷は、沿海州のやや奥の方にあった小さい村でした。第二次世界大戦後ソビエト軍に抑留された日本軍の兵隊の一部がその村の周辺の収容所に入れられていました。隊には相当の自由行動もあったようで、当時中学生だった母のところに若い日本人兵の一人が時々訪ねたりしたそうです。美少女の母を好きになったらしく「お前を必ず日本へ連れて帰る」と片言ロシア語で言っていたようです。敵の軍隊の一員だったその兵隊は陽気な青年で、村人に親し気で、態度も正しく、よくやさしく笑みを浮かべていたと母は言っていました。その兵隊に教わった日本語の歌を母は歌ってくれました。
 私は歌の意味が分からないまま、母が教えてくれた通りに言葉を覚えたのです。
 後になって、私がウラジオストクにある極東国立総合大学(当時)の日本語科の学生となった時、その歌は、「ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽ豆がほしいか、そらやるぞ。みんなでなかよく食べに来い。」という子供の歌だったことが分かりました。
 今考えてみれば、子供の私はこの歌の日本語の響きに心が惹かれ、好奇心が湧いてきて、結局、日本語を職業に選んだのも母親のお陰だったと思います。
 ロシア極東大函館校で職を得てから、家族を呼んで、息子たちの思春期も安全で社会秩序の整ったこの国で過ごさせていただいたことに対して、日本人の皆さんに深く感謝します。
 うちは5人息子がいる家庭で、4人の子は皆ウラジオストクで大学を終え、しかも3人は、日本、そして日本語に通じているため日本で仕事を得て、自立した生活をしています。
 母親から幼い時聞いた日本の夢が叶ったのは、うちの家族を支えてくださった函館校の同僚と日本人の友人のお陰です。
 このたび一身上の都合により、退職することになりました。皆さんにはご迷惑をかけどおしで申し訳ない思いでいっぱいです。ときには厳しく、ときには優しく丁寧にご指導いただき、感謝の念にたえません。これからも私の方から仕事場が変わっても日本人の皆様のためにいささかなりとも寄与できるよう頑張りたいと思います。
 函館のロシア極東大のさらなる発展と、皆さんのご活躍、ご健康をお祈りします。皆さん、長い間、大変お世話になりました

人事

事務局が新体制で始動

 前述のアニケーエフ・セルゲイ教授のほか、平成22年4月から事務局長を務めてきた伊藤皓嗣さんが3月31日付で退職しました。後任には函館市立神山小学校長だった筑土清彦(つくど きよひこ)さんが着任しています。なお、伊藤さんは学校法人の専務理事として週2回程度勤務する予定ですので、引き続きみなさんと顔を合せます。よろしくお願いいたします。

学務課よりお知らせ

校舎の利用時間

 本校の校舎利用時間は平日8:30~17:00です。原則として平日以外は休校のため校舎内立ち入りはできません。利用時間外に校舎を利用したいときは、あらかじめ事務局に申し出てください

校内掲示板(学生連絡)について

 ほぼ毎日、学生への連絡事項を校内掲示板に貼りだします。掲示板は、学生係、教務係、進路・就職、図書室、自治会・サークル活動、事務局の6種類ありますのでそれぞれ確認してください。掲示物を見落としたことにより生じる不都合・不利益について、学校は責任を負いかねます。
 掲示物は掲示日より全学生に周知されたものとして、原則1週間で撤去します。

出席率について

 期末試験を受けるには各授業80%以上の出席率が必要であり、出席率が低い学生には受験資格が与えられません。
 留年を防止するため特に出席率が低い学生の保護者の方には文書で通知しています。

欠席について(7日未満の欠席)

 やむをえず授業を欠席するときは事務局で所定の用紙をもらい、必要事項を記入して、欠席する授業を担当する教員に届け出てください。欠席する日があらかじめわかっていれば前日までに届け出てください。当日急に欠席した場合は、翌登校日に届け出てください。
 欠席をしたら、放課後の補習時間を利用するなどして早期に授業の遅れを取り戻すことが必要です。欠席が多くなるとそれだけ回復困難になり、授業についていけなくなりますので、普段から体調や生活リズムを整えて、安易に欠席することのないようにしてください。
 なお、7日以上の長期欠席、公欠は、事務局学務課へ届け出てください。

補習について

 平日の放課後は毎日ロシアセンターで補習を行います。補習担当教員の当番表は教務係掲示板に掲示しています。

論文ガイダンス・学年レポート

 学年論文と卒業論文執筆者(3、4年生)を対象とする論文ガイダンスを4月に実施します。論文ガイダンスにおいては「論文ガイドブック」を配布し、論文執筆の取り組み方、またその実際的な問題についての説明を行います。また論文に関する年間スケジュールの確認も行います。
 1、2年生(ロシア語科・ロシア地域学科)を対象とする学年レポートのガイダンスは、後期の9月に行います。
 いずれの開催日程も掲示にてお知らせします。

JASSO奨学金

在学届の提出について(在学猶予)

 本校入学以前に日本学生支援機構奨学金を貸与されていた新入生および前年度で貸与を終了した2,3年生は奨学金返還期限の猶予を申請できます。希望者は4月13日(月)までに事務局学務課に在学届を提出してください。在学届は貸与終了時に交付された「返還のてびき」に所収の様式を使用してください。

進学届の提出について(採用候補者)

 大学等奨学生採用候補者は決定通知【進学先提出用】を4月9日(木)までに事務局へ提出してください。入学時特別増額貸与奨学金に係る書類提出の指定があれば一緒に提出してください。書類に不備がなければ学校の識別番号(ユーザIDとパスワード)を交付しますので進学届を4月17日(金)までにインターネットで提出してください。

在学採用募集説明会(貸与希望者)

 4月17日(金)16:15から4番教室で奨学金申込の説明と申請書類を配付します。希望する学生は必ず出席してください。この日どうしても出席できない場合は、事前に事務局に申し出てください。

留学説明会

4月21日(火)14:40からロシア語科2年生とロシア地域学科を対象に第1回留学説明会を行います。場所は4番教室です。

図書室より

 図書は大切な財産です。図書室を利用できるのは、本校教職員および学生、聴講生のほか、本校教職員の紹介がある方。
 開館時間は平日の午前9時から午後4時30分、貸出は同時に5冊が上限です。
 一般図書の貸出日数は15日間です。日数、手続きは書物により異なります。貸出・返却は必ず事務局職員を通じて手続きをとってください。貸出が長期に渡る場合は所定の手続きが必要です。

短信

就職支援体制について

 本校では、事務局のサポートをはじめ、『ハローワークはこだて』相談員による個別相談会や外部講師による『就職ガイダンス』を定期的に実施しているほか、『ジョブカフェ』主催の訪問セミナーなどを取り入れています。今年度の卒業予定者だけでなく、早い段階から就職活動に向けた準備を始めておきましょう。 また、2-3年生を対象にTOEIC対策特別講座およびТРКИ講座を開催します。積極的に参加しましょう。

TOEIC対策特別講座

 TOEICは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。自分の英語能力を把握できるとともに、企業でも採用・昇進の要件として利用されているものです。9月の公開テストの受験を目指して模試を行い、各自が目標を立て問題点の解決に取り組みます。前期開講のTOEIC対策特別講座の対象は2、3年生です。
 開講日程は掲示版にてお知らせします。

ТРКИ講座

 ТРКИ(テルキ:外国人のためのロシア語能力検定試験)講座を開講します。ТРКИには、入門、基礎、1級から最高度のネイティブと同じレベルの4級まであり、テストは、語彙・文法、読解、作文、会話、リスニングのパートに分かれています。講座では、基礎と1級レベルの合格を目指します。
 なお、ロシア地域学科の学生は、卒業までに2級の合格を目指しましょう。

ビジネスセミナーについて

 今年も川重商事元社長 渡辺善行氏による『ビジネスセミナー』を定期的に実施します。「ロシアを取り巻く環境」・「経済問題」など時事も取り上げていきます。科目認定されるため、学生の出席は必須です。

オープンキャンパス・学校見学

今年度のオープンキャンパスは下記の日程で2回行います。

日時:
  • 第1回 6月20日(土)
  • 午後1時~午後3時30分
  • 第2回 9月27日(日)
  • 午前10時~午後12時30分
学生自治会の事業でもあるため、自治会役員と1年生は全員出席しましょう。 これから本校への入学を検討されている皆様の中で、日程が合わずオープンキャンパスに参加できない方は、学校見学も可能ですので、お気軽にご相談ください。なお希望日時によっては、試験期間など授業見学ができない場合がありますのでご了承ください。
お申し込み、お問い合わせは事務局(電話番号:0138-26-6523)までお願いします。