学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.80 2014.7 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

「今日も明日も“Досвидания”」/ロシア極東連邦総合大学函館校 学務課教務・学生係福尾 瞳

この4月に事務局に着任いたしました。3月まで、高校の教員をしていた私にとって、ロシアについては、学校の世界史の授業で習った程度のことしか知識はありませんし、言葉なんてとんでもない!と思うほどに無知な状態です。しかし、無知というのは、不謹慎ではありますが楽しいものです。仕事も含め、新しい発見しかありませんので、毎日が新鮮で、学ぶことばかりです。
 私が一番初めに覚えたロシア語は、До свидания(ダスヴィダーニャ:さようなら)です。なんと可愛い響きなのだろうと思いました。スパシーバやハラショーといったものは知っていたのですが、日々の生活の中で先生方は私と会話をする時には、日本語で話してくださることもあって使用する機会はありません。そんな中、До свидания は最もよく使い、唯一使う言葉です。この言葉のсвиданиеは「出会い」という意味で、挨拶文としては「また会いましょう」と訳すのが適切だそうです。
 ともなると前述した「До свидания」=「さようなら」になるのは間違いではないかと思われます。「さようなら」は別れの挨拶ではありますが、「また会いましょう」の意味は持ち合わせておりません。「さようなら」は元々、接続詞の「さらば(そうであるならば)」で、「さようならなくてはならぬ故、お別れします」や「さようならば、仕方ない」のように使われていました。これが変化し、文頭にある接続詞のみを言うようになり、別れた後のことは語らず濁す言葉となりました。ここには、実に日本人的な含意があるように思われます。
 日本人は、含意が好きです。「押すなよ!押すなよ!」とテレビで芸人のやりとりを見ているとそれは「押せよ!押してくれよ!」という意味になります。言葉の表面上の意味だけを見ると「押すな」と否定の言葉なのに、この会話では「押せ」という肯定(むしろ命令)の意味を含みます。
 これと同じように「さようなら」は、別れの場面で悲しいという気持ちを言葉では最後まで言わずに、別れを惜しむ気持ちだけを含めた言葉になったのだと思います。もしかせずとも、「До свидания」のような「また会いましょう」の意味も含んでいるのかもしれません。その意味を含んでいるとしても、日本人は「さようなら」の中に、やはりどこか悲しいものを覚えているのか、最近は代わりに「またね」「バイバイ」など、そのままの意味で捉えられるものを使うようになっている気がします。
 「さようなら」は古くから残る日本人の心だと思います。けれどもここの学生係である限り、学生の顔は毎日見たいです。学校は楽しいと、学ぶことは楽しいと思いながら過ごす姿を見たいのです。また、そうであるようサポートしたいです。この気持ちを忘れずにいるために、私はあえて「さようなら」は使わないようにします。毎日悲しい気持ちで別れるのではなく、明るく楽しい日を迎えられるよう、今日も明日もみなさんに「До свидания:また会いましょう!」と言っていきます。これから、よろしくお願いいたします。

学生からの寄稿

1年生特集『本校に入学して』 ロシア語科 渋谷 えり

入学から約3ヵ月が経ち、私は改めて本校の魅力を実感しています。
もっとも強調すべきは講師陣の指導力の高さと充実した学習環境です。今まで私が受けてきた語学教育とは全く違う「生きた語学」がここにはあります。ネイティブの講師が多く、正しい発音指導はもとより、どのような場面でどんな言い回しを使うべきかなど、文法知識だけではカバーできない表現力を養うことができます。
さらに、もう一つ特筆すべきは英語です。専門はロシア語としながらも、コミュニケーションツールとして必要不可欠な英語力を習得できるように配慮されています。また、今年は十三年ぶりに入学者数が増加し、活気に満ちたこの学校で、共に学び、共に成長できる仲間に恵まれたことをうれしく思います。

ロシア地域学科 小谷 亜郁

本校に入学してもうすぐ3カ月目に突入しようとしています。1年生は1日に90分の授業を3~4コマ。科目は文法に会話、文化史や地理など。まさにロシア語漬けの日々を過ごしています。実践的な授業が多く、とても刺激があり、緊張感と充実感を味わっています。
今はまだ、毎日のように課される宿題や復習、日々増えていく単語と複雑化していく文法、自分の言いたいことが咄嗟にでないもどかしさと闘っています。
授業についていくのは大変ですが、独学ではなかなか続かない怠け者の自分にはこの上ない環境でもあります。何より、世界がぐんと広がります。新しい言語を学ぶことは、日本語との相違点だけでなく、言語共通の特徴の発見の面白さもあります。
やった分だけ自分の身になることを信じて、将来生かせるスキルを身につけられるように、これからもっと学びを深めていきたと思います。

ロシア地域学科 柴田 侑樹

2ヶ月前はキリル文字が分からなかった私がこの短期間で筆記体をマスターし、ロシア語の基本的な文法を理解できていることに自分でも驚いています。函館校では毎日文法と会話の授業があり、更にロシア文化史や地理、民族学などのここでしか受けられないような授業があります。ほぼ毎日新しい知識を得ることができるため、気がついたら1週間、1ヶ月と過ぎており、自分が楽しみながら勉強できているということを実感しています。
文法の授業では格変化に入り、会話の授業では色々な表現やロシア語と日本語のニュアンスの違いなど、日に日に覚えなければいけないことが多くなってきていますが、あまり焦らず、思い詰めずに楽しみながらこれからの4年間、勉強していこうと思っています。

ロシア地域学科 髙橋 由

この学校に入学し、最近ようやく新生活や学校生活に慣れ、函館という土地にもなじめてきました。
入学して感じたのは、授業のスピードが速いということです。日々、進むページ数に驚き、毎日入ってくる情報をインプットし、なんとか授業についていく…、そんな生活を送っています。ネイティブの先生が多く、親身になって教えて下さるので本当にありがたく思います。やはり、ネイティブの先生がいるというのは、とても安心感があり、心強い語学の味方でもあります。
また、ロシア語以外に文化史、民族学、地理などの授業もあるので、ロシア語の理解が一層深まります。函館とロシアの関係がいかに密接なのかということも理解できると思います。
ロシア語の勉強はまだ始まったばかりですが、後悔しないために精一杯頑張りたいです。