学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.67 2011.4 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

新しい教育についての考え方と新しいタイプの大学/ロシア極東連邦総合大学函館校校長イリインセルゲイ

 20世紀は、人類の宇宙空問への進出や科学・物理学などの分野で偉大な発見があった世紀として歴史上に残るであろうが、それと同時に、二つの世界戦争が起こり、多くの残虐な革命が起こるなど大変動があった時代としても記憶される。そのほか、20世紀は世界中で文盲撲滅の世紀としても知られている。しかし今なお、この問題はアメリカをはじめとする先進国にとって、かなり当面的な問題でもある。
  長い間、旧ソ連は学者・医者・教師などのインテリ人が世界で一番多いことを誇っていた。ソビエトは1940年代には文盲人がほとんどいない社会であった。しかし、ソ連が崩壊した後、この問題が再び浮上した。原因はいくつか考えられる。一つは教育を含む様々な社会分野における国家予算の不足で、それはまず最初に、学校から若い教師の流出を呼び起こした。そしてもちろん、優秀な教師の不足は教育全体の水準に多大なる悪影響を与えた。さらに生活水準の低下が、教育にも悪影響を与えた。多くの家庭で、特に田舎で経済的理由から子供を学校に行かせる余裕がなくなったのだ。
  現在ロシアには、この問題が特にカタストロフィー的な規模となっている地域が何カ所かある。例えばチェチェン共和国。長年に渡り戦争が続き、子供を学校に行かせる余裕がない。そして読むこともできない、書くこともできない世代を育ててしまう。
  そのほか最近ロシアにはもう一つの大きな問題が起こった。それは見捨てられた、完全に教育を受けることのできない浮浪児の問題だ。つまり文盲というのはいわゆる「社会の病気」だと言えるであろう。ただし、これは疫病を予防するように短期問で局限することができるものではないと考える。文盲というのは常に予防し、注意を払わなければならない、重い長患いのようなものだと思う。そしてそれは現在のロシアにも見られる。このような世の中で、将来のノーベル賞受賞者、あるいは新しいトルストイなどを育てることができるのだろうか。
  21世紀において社会の進歩は、各国としても世界全体でも、前世紀以上に教育の水準にかかっていると私は確信している。つまり、現在の子供の教育水準が21世紀の経済・社会発展を定めることになると思う。今世紀は前世紀のようには自然資源の利用に対する期待はできないので、新しい技術の需要が高まるだろう。そして新しい国際関係を作り出すために、新しい思想や様々な国際問題に対する新しいアプローチが必要になるだろう。
  社会における教育水準が国際関係に直接関わるのだろうか。先生が教え子にただ自分の知識を伝えた、前世紀の教育の定石である教授法と違い、現在の教育の基盤は情報だと言われている。情報の欠如、あるいはその不足が国際問題を含め多くの問題解決を妨げると思う。
  21世紀の教育はどのように発展するのだろうか。今世紀の教育は国際化とグローバライゼーションの道を歩むことになると思う。国と国との文化の相互理解なしで、平和的・調和的国際社会を築くことはできない。このような国際社会の創出には教育が決定的な役割を果たすに違いない。当大学を卒業した200人近い日本人の若者たちは、様々な日口関係の分野において、近い将来、いろいろな問題を解決することのできる、広い知識を持った新しい世代の人間になると確信している。国際的な教育を受けているこのような世代が、将来性を持った人間となるに違いない。
  でも教育の発展を続ければならない。現代のロシアに新しいタイプの大学が必要になった。今までにロシアには約250の国立大学があった。かなり有名な大学もある。でも、世界的なレベルに一致する大学はそんなに多くはない。 
  去年、高等教育の水準を高めるために、ロシア政府が新しいタイプの7大学の設立について決議を採択した。その7つの新しい大学の一つが極東大学である。
  このような新しい大学の特徴は三つある。一つは、新しい仕組み。付属大学、学部がなくなる。その代わりに9つのスクールを設立する。勿論、教育の内容も変わる。新しい大学の一番大事な目標になるのは国際教育。もう一つの特徴は、新しい極東連邦大学はロシアシベリア・極東地域における最大の大学となる。もとの極東国立大学を基礎として3つの大学(極東技術大学、太平洋経済大学、ウスリースク教育大学)を合併した。学生の総数は7万人になった。その中に函館校が入っている。三つ目の特徴は、新しい考え方の若い世代を育てる大学の戦略的な目標である。極東連邦大学の最終的な最大の目標は、2020年までに太平洋アジアにおける技術・教育センターになることなのだ。

卒業生からの寄稿 

「卒業を迎えて」 ロシア語科 山上 真季

 予震に揺られながら書いている。
 卒業式前日、目を疑うほど大きく、そして甚大な被害をもたらす地震が東北で起きた。
 “これはもしや、私に卒業するなということか…?”
 2年前の春もすごく寒く、5月にさしかかろうとしていた4月末に雪が降ったのを思い出した。
 「ありえない!」そう言いながら“北海道の洗礼”ともとれる空から舞う大量の雪を見つめていた。
 “何でこんなところに来ちゃったのかな…。”
 そう思ったのも束の間、北海道にいた時間は何とも有意義な日々であった。
 元々、マイペース、端から見たら自己中な私は先生方と仲良くなり、楽にロシア語のスキルを磨こうと懸命にアプローチをした。分からないところは日本語、自信のあるところは大いにロシア語、たまに自分で作った日本語ともロシア語ともとれない変な言語でおしゃべり。“伝えたい気持ちがあればいいの。気持ちのベクトルが同じ方向なら伝わるわ。”そんな軽い理念を持った私のロシア語だが、何だかそれがあったからか学校以外の行事や活動にも誘われるようになった。もちろん、興味のある事に有無をいわずに。
 サハリンのキャンプ場でSDカードを盗んだロシア人の子供を説教したり、ロシア艦隊が入港した時は、「あれが買いたい、これが買いたい」とわがままを言う将校や水兵を「分かった、分かった」となだめたりと、行事一つ一つ、活動一つ一つも私の心には残っている。
 それよりもそれを通して出会った人々との時間は私にとってかけがえのないものである。
人との出会いや縁は、自分で思っていても中々確立はできない。だが、縁があって出会えたなら、それは何らかの“運命”だと私は思っている。意味があるものだと…。
 海外に出ればいろんな人種、国籍、バックグラウンドや価値観をもつ人に出会えるのは当たり前だと思っていた。面白いから海外に出ようと考えていたのもこれがやみつきになったからである。日本では味わえない“カルチャーショック”が大好きなのだ。
 北海道にいた2年間も海外にいた時と同じように出会い、繋がり、広がることができ、“逆カルチャーショック”であった。
 “言葉”は単純に目的として認識されがちだが、私は“言葉”こそ、人と人とを結ぶ“ツール”ではないかと思っている。
 ロシア語という“ツール”を使って、北海道で出会い、支えてくれた周りの人々には感謝したい。そしてまた、私の最強の“ツール”であるロシア語を武器に未来で私を見つけてくれる“運命”の人々に出会えるのが楽しみである。
 のどかな雰囲気の似合う街から高層ビルのジャングルと化した東京で人の波に揉まれる生活が始まる。

「ロシアへの憧れ」 ロシア語科 平田 真也

 私は高校三年生の時、 NHKラジオロシア語講座をきっかけにロシア語の存在を知った。古いオーディオテープから流れるきれいな音。抑揚があって、言語とは思えない、まるで何かのメロディーを聞いているようだった。
 最初は文字から覚えた。日本語とはかけ離れ、英語とも似つかないキリル文字に悪戦苦闘していたが、子供がひらがなを習得するように、何度も書いて覚えた。すると単語も次第に頭に入るようになり、超初級者ほどの語彙力をつけた頃、オーディオ越しではなく、ロシア人と直にコンタクトを取りたくなった。そしてロシア極東国立総合大学函館校へ進学した。
 オーディオ越しでしか聞けなかった言語。それを母国語として話す人たちが自分の周りにいる。授業も高校で受けていた外国語の授業とは違っていた。会話は難易度の高い単語以外はすべてロシア語。文法は理論重視の講義。ロシア人の娯楽が教材のロシア語演習。翻訳するための背景知識を補う通訳論。ロシア語で国語の授業を受けているようなロシア語講読。 
 深く広く知るアンドレイ・イワーノビィチの講義。すべて必死で聞いて覚えた。 しかしすぐに忘れる。忘れても、何度も繰り返し説明してくれる先生方。とてもありがたかった。極東大学で手にした知識、人間関係は、私の一生の宝物だと思う。人間として成長できました。
 最後に。極東大学では、文字で表しきれないくらい貴重な体験をさせていただきました。私の行動を寛大に見守ってくださったイリイン校長をはじめとする先生方や事務局の方々にとても感謝しています。