学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.61 2009.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

未来からの銃声/ロシア極東連邦総合大学函館校教授アンドレイグラチェンコフ

皆さんは昨日あったことを覚えていますか?多分ね。おとといのことは?ちょっと難しい。では2週間前のことは?人生の主な出来事のイメージを「思い出」という形で残す働きによって、記憶は私たちを過去から守ってくれます。記憶の主な働きは、覚えることではなく忘れることです。

 人類の歴史についての記憶はどうでしょう?過去の記憶は数千年の間、神話や伝説という形で残りました。人びとはそれを記憶にとどめ口承で伝えました。しかし、いつの間にか情報に歪みが生じました。言葉も変わりました。気候の変動があり、恐ろしい伝染病が流行り、残忍な敵の襲来を受け、神話は変わりました。新しい種族が生まれ、また新たな神話が生まれました。新しい神話はしばしば古い神話に話を塗り重ねたものであり、古い神話はもうもとの形が分からないくらいに変形してしまいました。
 そこに文字が現れました。過去の情報が粘土や石や皮や紙に刻まれました。しかしそれで過去の情報が過去に近くなったでしょうか?いいえ。人びとはすぐに気付きました。紙に書かれた過去の記憶にどんな情報でも付け足すことができると。彼らは自分たちに必要な過去を作り出す方法を知ったのです。

 今日、過去は学問によって作り出されます。歴史、考古学、古代地理学等々。過去に関する多くの事実が集められました。しかし科学的裏付けのない過去を必要とする場合もあります。

 現在、ユーラシア大陸全体で、過去についての学問がブームです。なによりまず一番始めの部分です。韓国でも、日本でも、モンゴルでも、カザフスタンでも、ウクライナでも、ロシアでも、他国とは違い自国の文化はシュメール文明あるいはアトランティス文明から、あるいは宇宙からの来訪者からもたらされたなどとする驚くべき仮説が日々生まれています。
 唯一中国は、これら過去にまつわる野蛮人の騒動を、自国の歴史文化の高みから静かに眺めています。しかし、そのうちこの野蛮人は中国もその文明も存在しない過去を作り出すのかもしれません。

  その一つの例がウクライナとロシアです。社会が大きく変わったことにより、多くの不幸な出来事が起こりました。社会が激しく分裂したことで、意識も大きく分裂してしまいました。突然現在となってしまった未来を恐れる人びとは、新たな過去を作り始めたのです。そこは清らかな自然と、川には魚が泳ぐ平和と静けさの世界です。そしてそこに強く美しい祖先がいます。彼らはみな身の丈2メートル程もあり、金髪碧眼で勇猛で賢者で才能にあふれています。シュメール文明とアトランティス文明は彼らが作りました。世界で初めて文字と文化を作ったのは彼らです。2,3万年前の世界では人々はロシア語で考えロシア語を話していました。このような仮説に対して、モンゴルや韓国や日本の過去についての仮説がどのように対抗してくるかは興味深いところです。

  一方、現在ロシアでもウクライナでも科学の発展のための国家予算の割当ては減り続けています。削られるのはまず歴史と考古学です。学校教育のレベルは急激に低下しました。
 最近ロシアで行われた高校生へのアンケートで、第二次世界大戦の主な出来事についての設問に対し、ある生徒が「ソ連はドイツと同盟を結び、日本とアメリカに対抗して戦った」と答えたそうです。4年間にわたって自国の領地内でナチスドイツと戦った国にとっては驚くべき結果です。歴史教育の成果としては世界記録ものです。これ以上のものがあるでしょうか?あってはならないのですが、このままではこのようなことは繰り返されるでしょう。日本もこうなるのでしょうか?そうでなければいいのですが。その時日本の生徒は「日本はかつてアメリカと同盟を組み、ソ連とドイツと戦った」と言うのでしょうか?

学生からの投稿

北方四島交流訪問事業に参加して ロシア地域学科2年 芹澤 寛人

私は、7月14日から21日に実施されたビザなし交流(受入事業)で根室へ、そして9月11日から14日に実施された交流(訪問事業)で色丹島へ行ってきました。

 7月の交流では、通訳ボランティアとして行動し、また、北方領土からきた子供たちの世話役としての役割も兼ねました。私は日本語でもあまり話さない方で、それはロシア語でも同じことでした。子供たちの話す言葉を聞き取れていても、なかなかロシア語が出てこず、戸惑いましたが、プロの通訳さんのアドバイスを聞き入れ、軌道修正しながらなんとか頑張りました。

  子供たちは、とても自由奔放で、裏表というものが、日本本土の子どもたちと比べて、ないように思えました。ですから、思ったことを素直に言ってくるのです。それは良いことでもあり悪いことでもありますが、そうした違いを理解するという点では色々勉強になりました。子供たちは日本料理よりもお菓子に夢中になっていました。彼らには、まだ日本料理の良さは理解できなかったのでしょう。言うなれば「三度の飯よりお菓子」といった具合でした。性格は素朴で、絵を描くのが非常に巧く、私の目の形を気に入ったのか、凧を作る時、凧に私の目を描き入れていました。

 9月の交流では、私が北方領土を訪問するという立場になり、返還要求者という形で参加しました。

 船で、国後島を経て色丹島へ行ったものですから、非常に時間がかかりました。色丹島についたとき、空は真っ暗で島の明かりも少なく、文字通り、満天の星空を見ることができました。朝になり、甲板に出ると美しい入り江が目の前に広がり、海も山も平地も全てが、まるで有名な画家が描いたかのような風景でした。入り江に廃棄された沢山の船も、ここでは一つのキャンパスに収まってしまうかのようでした。

  島の道は全てが未舗装で、私は移動中の車で洗濯機の中の洗濯物の様になりながら、外の風景を眺めていました。大日本帝国時代に建てられたとみられる建物が廃墟としてまだ残っていました。一部の島の人たちは日本本土に何度も訪れているらしく、本土の町のことをよく知っていました。懇談会では積極的に意見を述べ、色丹島の方たちと、できる範囲で共通の夢を持ちたいと言いました。外務省の方の北方領土問題の取り上げ方についての注文や、麻生前首相の件について留意し、問題については間接的に触れるという形をとりました。私は訪問するに先立ち開かれた研修会で「日本側とロシア側では元となる知識やその背景が違うので、この問題に関して話し合いをして結論を出すのは今のところ非常に難しいと思う」、と述べ、それについては外務省の方から同意を得ました。

 省の方と話してわかったのは、日本は国として不完全だ、ということでした。今の日本の状態を鑑みるに、今のところ独自に外交を展開するというのは難しいでしょう。ある民族の諺に「平和を望むなら戦に備えよ」とあります。この「備え」とは戦争をするための準備ではなく、戦争を避けるための準備を指します。平和を望むためには強い軍隊が必要ですが、日本はアメリカに依存しきっています。キッシンジャーは今年「今から10年後には、日本は強力な軍隊を保有しているだろう。」と言っています。鵜呑みにするわけではないですが、アメリカは弱体化しているので、再軍備は時間の問題ということですね。北方領土問題にはアメリカも絡んでいるので、この責任の取らせ方を考えるのも面白いでしょう。