学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.40 2004.7 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

長い長い夢/ロシア極東連邦総合大学函館校 元学生係畠山 美奈子

1994年4月11日、私はロシア極東連邦総合大学函館校の入学式に新入生として出席していた。あれから10年、こんなに長くこの学校とのかかわりが続くとは思ってもみなかった。

 この学校に入学する前、私はOLとして働いていた。仕事はいつも忙しく、休日出勤もしばしばで自分の時間などなく、たまの休みといえば家で寝ているだけだった。趣味で通い始めたロシア語講座も、週に一度の時間が取れず、やめたも同然だった。
  ある日、ロシア語の先生から電話があった。「遅れた分の勉強を見てあげるから、いつでも遊びにおいで。」
数日後、先生の自宅を訪ねると、あるパンフレットを見せられた。
 「函館にロシアの大学ができるらしい。これからはロシア語を勉強する人が増えていくんだろうか。どんな人が入学するんだろう。おもしろそうだから見てごらん。」
 大学でロシア語を勉強するなんて、うらやましいと思いながらも、自分には全く縁のない夢のような話だとそのときは感じていた。

 でも、夢のような話が現実になった。私はロシア極東連邦総合大学函館校の学生になった。ロシア語だけで行われる授業や、ロシアの大学のシステムに戸惑ったりしながらも、丸一日全て自由な時間で、毎日勉強のことだけを考えていてもよい生活が始まった。

 1日に3〜4コマの授業、放課後は先生がロシアの歌や踊りを教えてくださる。学校の帰り道には友人の家に集まって今日の授業の復習をし、家に帰ってからは宿題や予習をする。そして、ロシア語を使ってのアルバイト、私にとって初めての海外旅行だった留学実習。100%ロシア漬けの2年間は夢のようにあっという間に、過ぎていった。
卒業を控えて就職活動が始まり、ロシア勤務の会社の試験に落ちた私は、もうこれで夢見る時間は終わって現実に戻らなければいけないのだと思い始めていた。

 結局就職が決まらないまま卒業し、アルバイト生活をしていた私に、事務員が退職予定だから後任として来ないかと前校長が声をかけてくれた。ロシア関係の仕事を希望していた私には夢のようなお誘いだった。
 そしてまた夢のような生活が始まった。もちろん、事務の仕事は傍から見るほど甘くはなかった。前任者との能力の差に悩み、やってもやっても終わりのない仕事に追われ、学生の悩みにどう答えてあげればよいのかわからず落ち込む毎日。けれど、働けるという喜びとその仕事がロシアに関わるものだということが私を幸せにした。
 やっと自分なりのやり方を見つけ仕事にも慣れ、同僚に支えられ楽しく仕事をするうちに、気がつくと7年6ヶ月が経っていた。

 ずっと続くと思っていたこんな生活が終わるときがやってきた。ここで過ごした時間は私の人生において本当に大切なものだったし、一緒に働いている皆さんと別れるなんて考えられなかった。だから、退職を決心するのに、仕事を始めたとき以上に悩み苦しんだ。
 新しい職員が入れば、新しい視点で仕事に取り組み、この学校を新しい方向に向かわせることができるはず。時にはそれも必要なこと。最後には自分にそう言い聞かせて、夢のような生活に別れを告げることにした。
 10年も楽しい夢を見せてくれてありがとう。夢が覚めてもここで皆さんと過ごしたことは決して忘れない。この長い長い夢は、きっとこれから始まる厳しい現実の生活の支えになってくれるに違いないと思う。

学生からの投稿

「留学を終えて」

4月1日から1ヶ月間、ウラジオストクに短期留学してきました。実に疲れた1ヶ月でした。特に、Русская школа(ルースカヤ シュコーラ)での授業は、とても辛かったです。当然のことですが、授業は全てロシア語で行われ、理解できない単語がたくさんあり、先生が、何を言っているのかわからないことが度々でした。わからない単語があれば聞き取ってメモをし、授業が終わった後に辞書で調べたりしました。授業中に辞書を引く時間的余裕がありませんでしたので。さらに、ほぼ毎日、山のような宿題が出され、その宿題にも知らない単語が目白押しで苦労しました。
 また、毎日午後には市内観光やイベントがあり、時間のやりくりをじょうずにできず、夜遅くまで勉強していました。これほど勉強したことは今まで一度もありませんでした。しかし、この辛い日々のお陰もあって、ロシア語の理解が高まったことを実感できるようになりました。
 寮での生活も気に入っていたので、帰国が近づくにつれて帰りたくないという気持ちになりました。留学を経て今まで知らなかったことを知ることができたり、
日本の学校で学んだことが現地に来てよく理解できたりと、とてもためになった、有意義な1ヶ月だったと思います。    
 また機会があれば行きたいです。

「本校に入学して」

この学校に入学しまだ2ヶ月、知らないことが多く不安もありますが、楽しく勉強しています。これからの生活の中で勉強だけではなく、一人暮らしの寂しさ、辛さに耐えながら大人へと成長していきたいと思っています。先生方の優しさと勉強の楽しさが支えです。英語は特に頑張らなくてはと自分に言い聞かせています。この学校に入学してよかったと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

ロシア語科1年 畠山ミカ
(ユジノサハリンスク市出身)

 私は、とにかくロシア語を勉強したいという一心で本校に入学した。ロシア語を勉強しだして3ヶ月経ち、今は身につけたロシア語をどのような方法で活用すべきかを真剣に考えている。
 将来への思案は、これからも続くでしょうが、ここを卒業したらロシアの大学で学びたいと考えている。言葉はそれを使う人々の文化そのものだと思うので、実際に現地で文化を学ぶ必要性を感じるからです。将来への展望を持ちながら、まずは、ここでの勉強をしっかりやりたいと考えている。

ロシア地域学科1年 塩見亮太
(藤沢市出身)

 ロシア語を本気で勉強してマスターしようとしている志の高い学生が多いので、私にはとても良い刺激となっています。
 2年間という短い時間の中でロシア語を覚えるのは、想像以上に大変なことだと思いますが、この学校に入学したからには一生懸命勉強して、ロシア語をマスターして卒業したいと思います。

ロシア語科1年 豊留大和
(指宿市出身)

 隣国なのにあまり知られていない国ロシア。興味・関心はもっていたが、ほとんど学ぶチャンスのなかったロシア語。それだけに、ロシアの文化や風俗・習慣をロシア語を通して勉強したいと思い、この学校に入学しました。
 実際に勉強を始めて難しさに戸惑うこともありますが、日本とロシアの共通点などを知ることができたりするのでやりがいを感じています。また、高校の頃から好きだった英語の勉強を続けることができることも嬉しいです。これからも頑張って勉強していきたいと思います。

ロシア語科1年 白戸裕里絵
(函館市出身)

 ロシアが好き! 私は、この理由だけで本校を選びました。先生方はひとりを除いて他は全てロシア人で、授業内容はほとんどロシアのことばかり。インターネットで本校を見つけた時、ここしかないと思いました。
 最初は、全てが始めて体験することなので戸惑いや不安もありましたが、最近はだんだん慣れてきました。授業は難しいです。でも、好きなことなので学ぶのは楽しいです。4年間頑張って勉強して、たくさんロシアに触れていきたいと思います。

ロシア地域学科1年 富樫周子
(秋田市出身)

特別寄稿

「函館日ロ親善協会の15年を振り返って」/函館日ロ親善協会 副会長 (株)五島軒社長若山 直

日本とソ連の親善交流、これが1989年6月「函館日ソ親善協会」設立当時の目的だった。函館市には各種国際親善交流団体が30ほどもあるが、その中で毎年総会に国を代表して総領事などが参加してくれる団体は当協会のみである。このことが日本とロシアの緊密な関係を物語っている。

 しかし、北方領土返還問題というトゲは日本の皮膚に突き刺さったままであり、双方の政権が代わる度に決着が期待されながら進展は乏しかった。永久にこのままでないか、という思いが道民の意識の底にはある。しかし、戦後半世紀、もう交流団体を組織する潮時だ、という気運が双方に持ち上がってきた時期があった。それはソビエト社会主義連邦共和国、通称"ソ連"に、ペレストロイカの風が吹き始めた時期だった。準備はいろいろあったが、無事協会は設立され、翌年、1990年6月、函館市は交流団を組織し、ウラジオストクを訪問することとなった。私は副団長として参加した。
 「空路・海路の開設、貿易振興と文化の相互交流」が目的であり、「姉妹都市提携」の下準備もあった。マスコミが「極東最大の軍事・要塞都市ウラジオのベールが開けられる」と、大きく報道したことが当時の状況を物語っている。計画は画期的なことだったのだ。手元に、帰国後発行した「記録集」がある。団長だった当協会会長、藤谷作太郎さん、ウラジオ市長あて書簡の差出人だった、木戸浦函館市長さんは共に故人となってしまった。市議で参加した金田さんは、道議を飛び越して代議士になった。相手国のソ連自体、革命により、かってのロシアに舞い戻り、資本主義経済への道を歩み始めている。

 協会には現在、ロシア人祖母を持つカチュシャこと吉田和子女史やロシア史研究者、各会派の市議会議員や企業経営者など、職業も職種も多彩な顔触れがいる。極東連邦総合大学の分校が函館に根をおろし、その大学に隣接して総領事館函館事務所が置かれ、ビザ発給も行われている。問題は山積しているが、私の数代前の祖父母達のことを考えれば日進月歩だ。母方の祖先、船大工の棟梁だった続豊次は、アメリカ・ペリー艦隊の翌年来航したフランス・インドシナ艦隊シビル号の設計図を解読し、スクーナー型帆船「箱館丸」を造船している。彼はこの船に、幕命を受けた函館奉行を乗せ、ウラジオストクを訪問した。もう150年も昔のことだ。彼は数ヶ月ウラジオストクに滞在したが、その目に写ったウラジオストクは「ヨーロッパの匂いを感じさせる瀟洒な町」であったという。この町からその後多くのロシア人が公に、また密かに、函館に渡航して来た。

 ソビエト社会主義の先達、マルクスと派を競った革命家バクーニン、ロシア正教会神父ニコライなど応挙に暇がない。もしニコライ神父が函館戦争で五稜郭が落城した際、五島列島出身の長崎通じ、五島英吉を匿ってくれなければ、曽祖父若山惣太郎が五島軒を創業することもなかったろう。父、若山徳次郎は、このニコライの弟子白岩徳太郎にロシア語を習っている。五島軒に今も残る献立、ボルシチやザクスキ、クラビヤーカサーモンなどは、帝政ロシア亡き後のソ連から失われてしまった献立だが、それは、ソ連時代の70余年間、宗教が抹殺された間も日本のロシア正教会の鐘が絶えることなく鳴り響いていたのと同じことなのだ。ロシア正教が復活し、日本訪問が実現した時、アレクシー大司教はまず神田のニコライ堂を、次に皇居を、3番目に創業の地函館ハリストス正教会でミサをあげた。

 このようにロシアと日本は長い歴史を共有する隣国である。相互の発展のためには、かってニコライ神父が述べたように「愛と勇気と忍耐」が必要だと思う。新たなる親善協会の発展のため、今後も宜しくお願い申しあげます。