学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.38 2004.1 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

吟味と推敲/ロシア極東連邦総合大学函館校 助教授 鳥飼やよい

吟味

とある昼休み、A先生に「先生、日本には森がありますか?」と質問された。先生の質問はいつも唐突だ。そんな質問で皆を慌てさせておいて、大抵の場合、本人はすでに答えを知っている。A先生の質問の真意はおよそ「日本にはロシアで言うところの『лес』に当たる観念はあるか?」と了解した。

 リェスですね?「鎮守の森」は神社裏の小さい林だし。竹林は森ではない。鬱蒼とした昼なお暗い森って見ないし。進一はいるけど、最近とみに森林も減ってきているし。ロシアの森はドイツの黒い森みたいに広大で、一歩足を踏み入れれば出て来られなくなりそうな、そして何か良いものも悪いものもその中に合わせ持っていそうな感じで、お伽話で「山に柴刈り、川に洗濯に」とは言うけれど、山道や竹林では何が起こっても、森で何かが起こる昔話は日本にはあまりないし。ひょっとして日本人にとっての「森」って「山」ですか?ヘンデルとグレーテルは親に森に捨てられたけど、日本では山に姥捨てに行くし。だとすれば露和翻訳における「森」の対訳は「山」か?
 等々、種々様々な発言をさんざんばら呼び起こした挙句に、A先生は「ロシアの『森の精』は日本では『山の神』ですね」と断言した。しかし、「山の神」は日本語では「奥さん」のことである。もっと吟味の必要がありそうだ。(ここでは割愛するが、「精」と「神」の訳をめぐってもほぼ同量の唾が飛ばされた。)

推敲

またA先生である。ある学生がA先生の授業で提出した作文に「吟味と推敲」と赤ペンで書いて返された。聞けば大多数の学生が「推敲」の意味はおろか言葉さえ聞いたことがないという。昨今の中高中高では「推敲」といった言葉を作文や文学史の授業で教えないのか?(最近のワープロでは「白痴(ハクチ)」を漢字変換しようともしないし。)なぜ「推敲」はこんなに認知されていないのか?

 小学校に遡る。国語の時間を思い出す。読書感想文、あるいは、あるがままの感動をそのままぶつけてこい!といわれた夏休みの作文。全体の5分の4を粗筋の説明に費やした挙句に最後のワンパラを「主人公は可哀想だと思いました」で終わる読書感想文や、「ド〜ン」と言う花火の感動をぶつける作文には、推敲などいらない。そもそも一瞬の感動をいじくって何度も書き直すなど、感動が薄れるではないか。潔くないではないか。日本人は俳句を生み出したが、推敲の心情は薄かったのではないか。日本文学の輝かしき伝統は随筆である。随筆の定義が「心に浮かぶあれやこれやのことごとを、とりとめもなく書き記す」であれば、日本人の作文には推敲など必要あるわけもない。もともと「推敲」という言葉の語源は唐の国らしい。

 ところが最近、推敲がスポットライトを浴びる機運が高まった。パソコンの普及である。ワープロでなら一発ファーストドラフトを書いておいて、あとで存分に何度でもカット・アンド・ペイストできる。いちいち巻紙をほどいて、書いて巻きなおしたりする必要もない。(ひょっとしたら昔の人は巻紙のせいで推敲しなかったのか?)一旦この面白さにはまれば、一発勝負の文章などは所詮偶然の産物に過ぎず、真の散文は偶然ではなく推敲の果てにある、ということにいずれ気づくことになる。学年論文や卒業論文を控えた皆さんも、推敲の面白さに早めに気づいて欲しい。