学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.37 2003.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

文学も世界文化の一部/ロシア極東連邦総合大学函館校 教頭 アニケーエフ・セルゲイ

 外国語を学ぶ上で、その原語で書かれた文学作品を読むことが非常に役立つ学習方法のひとつとされている。しかし、学習する外国語のテキストの文章をいかに読み、いかに理解するかという点についてはそれなりの勉強が必要である。

 言語はそれを使用している人々の文化や生活とは切り離せないものである。言語は、言語を支えている文化、言語が表現しようとしている生活と一体をなしているからである。

 一般的には、外国語のテキストや文例などが本当の意味で無味無臭無色になっているのが現状である。だからこそ外国語をマスターしたいと願っている人、その言葉の理解力を向上させることを望んでいる人は、文学作品を原文で読むことにあこがれる。特に、その国の文学者が作った名作の一節でも、ほんの少しでも生の言葉で味わうことができれば最高であると思っている。その意味で、外国語を教える側には、その国の言葉の単語や文法の説明を詳しくすることだけでなく、その国の文化を集約した文学を指導することも必要である。今述べた「文化」のことだが、一口に異文化というが、これはまさに人間生活の全般−食べ物から礼儀、習慣まで、言葉から物の見方、考え方、価値観まで−に及ぶ。

 文学作品の文章によって表現される世界も多様になり、複雑にもなる。そのような世界を理解しながら語学の学習を続けてもらうために、文学の重要性をあらためて強調しなければならない。文学は芸術のひとつであるとよくいわれる。しかし、芸術または文学とは何であろうかということを考えてみないとだめである。
 芸術、特に文学というものは、ときに「秩序」を破壊する力として社会に働くものであるともいわれる。しかし、そういう時に、「秩序」つまり文化体系の全体(システム)はあくまでも人間の生活にとって手段でしかない。人間は欲望や理想を追求することがその本質であり、手段が目的化することはない。人間の生命本来の力を主張するという目的をこそ追い尽くすものだ。

 文学作品の中で、罪悪、エロチックなこと、汚いこと、苦悩など一見ネガテイブな話柄とされることが好んで主題とされる理由は、それらのシステムに収まらない話柄の中にこそ生命の発露する場があるからであるともいえる。そのとき、秩序は常に従たるものでしかなく、生命こそが主なのである。だから作者が作った文学作品は、すべて最良のもので、全部優れていると評価することができるのではなかろうか。芸術は常に秩序に対して必ずしも生命の抵抗の形を取るとは限らない。しかし、ロシアの場合には、特に秩序に対して抵抗した作品が見られる。秩序に抵抗しているならすべて傑作というわけでは決してないが、そういった文学作品の中に非常に優れているものが入っているのはよくあることである。

 だからこそ、人が調和の取れた心の発展を遂げていくためには、文学が必要だと私は思う。また、これから人間形成をし、自分らしい生き方をしていこうとする青年には、自分の国のものだけでなく、外国の文学の名作、傑作とされるものを絶対に薦めたい。外国の文学者が作ったすばらしい読み物、自分の国の作家が書いた傑作がみな世界の文学に大きく寄与するものであるとされているのだから。