学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.36 2003.7 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

「ロシア極東大学」はどんな学校か/ロシア極東連邦総合大学函館校 校長イリイン・セルゲイ

2004年4月11日、函館校は設立10周年を迎える。本学104年の歴史と比較すれば、函館校の歴史はまだ浅いが、この9年間で得られた経験は貴重なものだ。
 函館校は9年前、日本唯一のロシアの大学分校としてその活動をスタートした。

 90年代初めのロシア国内の政治経済の不安定のなかで、日本のいわゆる『ロシア語ブーム』はほとんど消えてしまったと言える。しかし一方、日本には以前からロシア文学やロシア語を教える大学はいくつかあり、(早稲田大学、東京大学、東京外国語大学など)、単にロシア語を話せる、または、ロシア文学を知っているという人材は数多くは必要ないともいえる。そのため函館校は日本にない専門分野、日本の若者にとって魅力のある、意義ある教育プログラムを与えることを目的に据えた。ロシアの政治経済の変化を考えれば、近い将来両国に専門家が必要となってくることは明らかだ。従って函館校は独自の「ロシア地域学」という専門を選んだ。単にその国の言葉を知っているだけでは、国間の諸問題を解決、発展させることは出来ないのだ。函館校の地域学科の学生たちは、ロシア語はもちろん、ロシアの歴史、地理、民族学、経済、政治制度、文学、文化史等のロシアのエキスパートになるために必要な科目を学んでいる。もちろん、ロシアをよりよく理解するためには、ロシアを体験しなければならない。当校では学生は3ヶ月間ウラジオストクに留学することが必修である。ウラジオストクで、ロシア語を勉強するだけではなく、実際にロシア文化、ロシア人の日常生活を見聞するのだ。

 近くて遠い国といわれるロシア。地理だけでなく文化的にも近い国となるためには何が必要なのか? 両国民の相互理解を深めるには何をすればよいのか?
 5年前に赴任した時、私は頭を悩ました。函館校は日本唯一のロシアの教育機関であり、ロシア文化の知識を日本に普及させるユニークな機会を与えている。単に学校であるだけでなく、ロシア教育・文化のセンターとならなければならないのだ。そこで函館ロシア文化センターのアイデアが生まれた。センターの重要な課題として次のものを定めた。

  1. (1) 函館市民へのロシア文化の普及の目的で、一般市民向けに「ベリョースカ」クラブを設立。
    (2) 函館の子供のための「ロシアクラブ」を設立。
    (3) 毎年「ロシアまつり」を開催。
    (4) ロシア語の市民講座を開講。
    (5) ロシア料理教室開催。
  2. 日露経済交流を深めるために日本ビジネスマン、道府県庁の職員向けのロシア語インテンシブコースを開講。
  3. 税関職員のロシア語研修。
  4. 函館日ロ親善協会と共に講演会、コンサート等の文化行事を開催。
  5. 本学日本語学科の学生の研修受け入れ。
  6. 日露青年交流センターからの委託事業。
  7. 講演会などへの講師派遣。

 当校は開校以来9年間で(今年の卒業生を含めて)総計125名の卒業生を送り出した。また本校からの日本語研修生として計39名の学生や、日露青年交流センターの委託でサハリンの若者88名を受け入れた。170名以上の函館市民がロシア語市民講座でロシア語を学び、インテンシブコースでは15名、税関職員コースでは37名が研修を受けた。ロシアクラブには40名以上が参加し、ベリョースカクラブには約70名が参加した。特に人気が高かったのはロシア料理教室だ。3回の開催で計72名がロシア料理の作り方を学んだ。さらに函館校の教員は市民、税関の職員、ビジネスマンなどを対象に合計80回の講演を行った。

 函館校開校以来のこの9年間で、北海道でのロシア語、ロシア文化への興味が高まってきたことは明らかだ。ひとつには、ロシア語を授業に取り入れる高校が増えてきたことが挙げられる。そうした高校は、現在、根室西高や千歳高、札幌国際情報高など6校ある。また、函館大谷高校では、昨年から選択科目にロシア語を取り入れ、本校のアニケーエフ教頭が指導している。また、サハリン州、沿海州などからの水産物輸入や船員上陸の増加によるロシアとの交流の拡大や、特にサハリン石油開発に関連して経済関係が今後増加することを予想し、北海道教育委員会は昨年からロシア語指導教員の養成事業をスタートした。函館校がそのロシア語教員の養成を受け持つことになったのは、ごく当然の成り行きである。同じく、極東大と同じ建物に今年10月、在札幌ロシア総領事館函館事務所が開設されることになったのも偶然ではないだろう。

 様々な分野における当校の活動の結果として、函館校は事実上ロシアの教育・文化センターとなった。歴史は浅いながらも、我が函館校の努力の結果、函館市民のロシアの文化への理解が深まり、両国の親近感は強まったと思う。日露関係は今後も続いていく。私たち皆が力を合わせて努力し、ロシアと日本が精神的、文化的な結びつきを更に強めていくよう期待している。