学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.35 2003.4 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

日ロ関係発展への“予測”/学校法人函館国際学園 専務理事町田 昭之助

◆記者団に質問されて、「そのような“予測”に基づいた質問には答えられない」と突っぱねているどこかの国の首相の姿を見ているとだんだん心細くなってくるのだが、そんな思いをしているのは私だけだろうか。

◆また、日本海に落下した北朝鮮のミサイル実験直後の政府内部のあわて振りを聞いていると、おそらくあの事件は“予測”さえしていなかったのではないかという疑問が湧いてきて内心ゾッとした。

◆日本語の“予測という言葉はロシア語で「プラグノス」(PROGNOZ)と言うそうで、英語のPrognosisと同じように日常的に使われていて極めて重要な意味を持つ言葉であり、特に今後の日本とロシアの関係改善のためにはより的確な“予測”と“英知”と“決断”は必須の条件であると思うのだが・・・・

◆今年の秋には、当函館校が入っている建物(函館市国際交流プラザ)の中に在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所(仮称)が開設されるというビッグニュースが飛び込んできたが、このことは函館市はじめ関係者が多年に亘り日ロ交流発祥の地の具体的な証左として熱望してきた運動の成果であり今後国内外に大きな反響を呼ぶに違いなく、この日が来ることを“予測”しつつも一日千秋の思いで待っていたイリイン校長はじめ当函館校のロシア人教員や事務局それに学生たちはこぞってこの快挙に大拍手を送り、その成功のために全力でサポートすることを誓い合っている。

◆当函館校も、開校して今年で10年目を迎えその社会的使命と共に存在価値がようやく認められて名実共に日ロ交流の最先端を行く学府として高い評価を得ているが、ここへきて今後の日ロ関係が大きく前進するであろうと“予測”できる追い風現象がいくつか起きていて非常に心強い。

◆一例を挙げれば、当函館校の創立時からの推薦者ナンバーワンで日本のエネルギー産業の最大手である東京ガスの安西邦夫会長はわが国きってのロシア通で知られているが、その東京ガス(本社・東京)が、このたびサハリン石油天然ガス開発計画「サハリン2」で産出される液化天然ガス(LNG)を2007年から20年間の長期購入計画による契約合意に漕ぎ着け、同じく当函館校を強力に支援してくれている佐々木正丞会長の北海道ガス(本社・札幌)では、都市ガスの天然ガス転換を進めるため、昨年使用開始された港町大型埠頭の隣接地に近々LNG運搬船の受入れ施設や都市ガス製造工場を新設するなどの明るい話題が豊富である。

◆一方函館市は、内外を取りまくこうした情勢を早くから“予測”しながら、サハリンプロジェクトビジネスや国際コンテナ業務などの国際貿易全般を担う「函館市国際貿易プラザ」(仮称)をこの9月にも設立すべく準備を進めているようで、これらの動きに臨機に呼応して当函館校としても高度な英語力と日本一と言われるロシア語を身につけた即戦力となり得る人材の育成をコンセプトに日夜努力を続けている。

◆わが「ロシア極東連邦総合大学函館校」の実績が日一日と厚みを増して、必ずや日ロ両国にとって掛けがいのない存在になるであろうことを“予測”することに、私はいささかの躊躇も感じない

人 事

トリョフスビャツキー先生、バランスカヤ先生が退職

3月31日付けで、トリョフスビャツキー先生とバランスカヤ先生が退職しました。
 トリョフスビャツキー先生は、1994年12月に着任し、副校長として教育内容の充実に努められました。
バランスカヤ先生は、1996年に本校に着任し、主として、「実用ロシア語」や「ロシア語演習」の授業を担当されました。

  両先生は、授業外にあっても、ロシア語弁論大会の指導やヨールカ祭、ロシアまつり、マースレニッツアといった課外の活動に参加し、学生と共に歩んでくださいました。また、市民団体の主催する各種のセミナーや文化教室の講師を引き受け、積極的にロシア紹介に努められました。
お二人の更なるご活躍をお祈りいたします。