学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.31 2002.4 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

スピーチコンテストを終えて/極東連邦総合大学附属東洋大学 日本語講師工藤 久栄

話は5ヶ月ほど前の11月18日までさかのぼるが、この日富山県主催の第8回日本語スピーチコンテストがここウラジオストクで行われた。
 その頃のことを少しお話しさせて頂きたい。
 毎年恒例のこのウラジオストクスピーチコンテストは今回で8回目を数えるのだが、スピーチコンテストに出場する為にはまず第一審査である書類選考をパスしなければならない。
 またステージでスピーチを発表できる人数は「大学生および社会人の部」では7人であり、日本語の授業を受けた時間数が800時間以下の者が募集対象となるのでおのずと我が極東連邦総合大学では2年生だけがその条件を満たす学生となる。
 僕は現在2年生、3年生を担任しているので、学生たちに参加の意志があるかどうかを尋ねたところ、二人の学生が勇敢にも声をあげた。
 彼らは二人そろって見事書類選考をパスし、スピーチコンテストに参加できることになった。 
 ステージ発表に至るまでの過程を一人ずつ記憶の糸をたどり、お話ししたいと思う。
 一人目の学生はマーシャという女の子で、テーマは「結婚の習慣」というもの。
 僕のところに文章を持って来た時には、ほとんど完成に近い状態で、なんでも他の学校の日本語教師と一年も前からあたためていた物のようだ。
 だがテーマもさることながら、内容もごく普通のこれといった特徴のない文章でそれをまた暗記しているからこれは少し分が悪いと正直思った。
 できることなら何もない状態から、テーマから一緒に決めたかったがそうも言っていられない。
 その日から文章の手直しが始まった。
 マーシャは2年生でありながら小学校で日本語の先生のアルバイトをしている。
 当日はマーシャの教え子達もスピーチコンテストを見に来るというので、彼女はなんとしてでも入賞しなければと気合が入っていた。
 気合が入っていたまではよかったのだが、コンテストが近づいて行くうちに彼女の中の「強い気持ち」がプレッシャーという名の「負の気持ち」へと変わってしまった。
 彼女はコンテスト2日前、「入賞できなかったら恥をかく。恥をかくくらいなら出場しない。コンテストには出ない!」と僕に訴えた。
 マーシャは僕が見る限り、神経質で控えめな女の子であり、僕も人前では緊張する人間なので、彼女の参加したくない気持ちはよくわかる。
 しかしこのような人間はいざ、ステージに立ったら立ったで、しっかりとやり終えることができることはわかっていた。
 函館校での学生時代、自分も1年生と2年生の時に2回ロシア語のスピーチコンテストに参加したが、結果は2回とも参加賞で入賞することはなかった。
 スピーチコンテストは自分のような人前に出ることが好きではない人間が出るものではないとそれ以降考えるようになり、3,4年生の時はもう見る側の方へ回っていた。
 しかし出場すると決めて、ここまでがんばってきたのに出場を取り止めるとなると話は別だ。 
 僕は彼女の説得に向かった。
 「これからの人生まだまだ辛い事はたくさん出てくる。 その都度君は今回のように逃げるのかい? 嫌でもやり終えれば君の力になる、経験を他人より一つ多く踏んだことになるんだよ。」
 僕の本心でもあったし、必死の説得だった。
 次の日、僕の気持ちが通じたかどうかは定かではないが、彼女は参加することを誓った。
 彼女の発表は堂々たるものだった。
 発表を終えた彼女は笑顔で「今日は朝まで友達と遊びます。」と言っていた。
 一つ壁を越えたマーシャは今学期、少し積極的になった気がする。
 いや、気がするというよりは、実際、積極的になったのであろう。
 マーシャは参加することの大切さをあらためて僕に教えてくれた。

 もう一人の参加者はジェーニャという男の子でテーマは「私の町」。
 彼の生まれ育ったアルセイニェフという町には日本人捕虜収容所が置かれ、他の多くの町と同様、たくさんの日本人が労働力ととして使われ、極寒の中に倒れていった。
 また黒沢明監督が「デルス・ウザーラ」という映画を撮影したことでも有名な町である。
 僕もこのようなテーマには興味があったので、自分の知る限りの事を彼に伝え、彼は文章を作成し持って来た。
 すぐに「O・K」は出さなかった。
 「ジェーニャ、これはいい文章であり、すごくいい文章ではない。君の文章ではまだ優勝はできない、テーマはとてもいい、後は内容なんだよ。」
 ジェーニャを見ていて驚かされるのは彼のその純粋さで、僕の授業でも常に一番前の席に座り、真剣に話を聞いている。
 彼の学習意欲には頭が下がる想いである。
 僕は彼のその真っ直ぐな純粋さはきっとスピーチの時、多くの観客に伝わるだろうと確信していた。
 となると後はやはり彼の訴えたい内容、そして日本語文章の美しさが重要になってくる。
 彼は毎日僕の所へ足を運んだ。
 大学の勉強の他にスピーチコンテストの練習で大分疲れはたまっていたが、それでも練習のかいあって、またそれに彼の本番での勝負強さが助けとなりスピーチはすばらしいできだった。
 結果は第一位、彼は優勝した。
 優勝インタビューで彼は迷うことなく僕の名前を言ってくれた。
 スピーチコンテストはこうして無事幕を閉じ、僕はまだ会場内の後片付けなど仕事が残っていたのだが、ジェーニャは一位の賞品を抱え僕を真っ直ぐに見据えこう言った。
 「先生、外で待ってます。」
 この時の彼の言葉は本当にうれしかった。
 僕にとっての彼からの贈り物だった。
 彼のこの言葉と真っ直ぐで誇らしげな顔は今でもはっきりと覚えている。
 彼とは今度一緒に彼の町であるアルセイニェフへ行き、日本人墓地を訪れることを約束した。
 今回のスピーチコンテストの思い出は僕にとって生涯忘れられないものになった。
 マーシャは参加することの大切さ、そして壁を乗り越えて人は強くなることを教えてくれた。
 ジェーニャは学問に取り組む純粋で真摯な姿勢を教えてくれた。
 また僕の人生経験も彼らを助けることができた。
 彼らは本当によくがんばり、おかげで僕は先生として最高の喜びを味わうことができた。
 心から二人には感謝したい。
 彼らのような若者が将来活躍することを僕は今、確信している。