学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.29 2010.10 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

New York, We love you more than ever/ロシア極東連邦総合大学函館校教授パドスーシヌイ・ワレリー

「彼はニューヨークに恋していた。彼は度外れにニューヨークに惚れ込んでいたのだ。彼に言わせれば、どの季節であろうとニューヨークはモノクロに彩られ、偉大なガーシュインの音楽に脈打つ街なのだ。ごみごみした雑踏に揉まれ、忙しく行き交う車をよけながらも、彼はここで幸せなのだった。」
 ― ウッディ・アレン「マンハッタン」より
 ニューヨーク、ある人はここを世界の首都と呼ぶ。また「決して眠らない街」と詩的に言い表す人もある。ここはブロードウェイの劇場群、メトロポリタン・ミュージアム・オブ・アート、エンパイア・ステート・ビルディング、そして国連ビルがある所。ここはまた、かつて数百万の人々が新天地を求めてアメリカへとやって来た、その入り口でもあった。
 ブルックリンに住む私の友人が言ったことがある。「とにかくニューヨークには無関心ではいられない。大好きになるか大嫌いになるかのどちらかだ。どっちでもないってことはありえない」と。2001年の8月16日、私
が妻とニューヨークに降り立った時、初めて友人の言葉の意味がわかった。本で読んだり映画やテレビで見たからといって、ニューヨークを結構わかったつもりになる人がいるものだ。しかし、いざここに来てみると、思っていたのと全く違う。本や映画の知識だけじゃ、本当のニューヨークを理解し始めるのだって難しい。ここはまさに、愛すべきところと憎むべきところが混在する場所なのだ。
 ニューヨークはアメリカのどの街にも似ていない。いやむしろ世界中のどこにも似ていないと言える。これまでに私は、北はアラスカからワシントン州、南はメリーランドからウェスト・バージニア州と、北アメリカのあちこちを訪れた。首都ワシントンへも行ったし、中西部にはしばらく住んでみたことさえある。ニューヨークはそのどことも違っている。まるで別の国だ。まあ、ある意味でそれは真実とも言えるかもしれない。ニューヨークはそれ自体が1つの国。地球中のあらゆる人種、色、そして信条を持つ国民からなる1つの独立国家なのだ。
 この街は訪れる人を驚かせて、楽しませて、息をつけなくした挙句に口もきけなくしてしまう。
まずその大きさそのものに驚くだろう。そしてそそり立つ高層ビル群に、また街のあらゆるところで様々多様な言語をしゃべる人間達に。あるいはセントラルパークのしたたる緑に目を楽しませると同時に、ブルックリンの臭気を放つゴミの山に嫌悪するだろう。また5番街の洒落たブティックに目を見張った後で、イーストビレッジやチャイナタウンの汚らしい安食堂に吐き気を催しもする。
 私は妻とこのニューヨークでこの夏の15日間を過ごした。様々な印象と大小の発見に満ち溢れた信じられない程長い15日間。私たちは2人で毎日のようにマンハッタン中を何時間も厭きずに歩き回って過ごした。足は痛んだが心は喜びに満ち満ちていた。私が大人になってからこれまでずっと、まるで大きな磁石のように私を引きつけて離さなかったあの街、私たちは今ついにそこにいるのだ。私たち2人に灯火を投げかけ続けてくれていた自由の女神。その自由の女神は、今まさに私たちの手の届かんとするところにある。フェリーに乗りさえすればいい。そしてもちろん私たちはそのフェリーにも乗った。多くの美術館が軒を連ねる美術館通りは、その荘厳さと格調高い佇まいで私たちを圧倒した。ブロードウェイはまさに聞きしに勝るものだった。グリニッジビレッジでは、サリバン通りを歩く女優のスーザン・サランドンと擦れ違った。彼女は立ち止まって見とれる私たちには、まるで気がついていないようだった。チャイナタウンではドブネズミの死骸を踏んづけて、妻が手を貸してくれなければ、転んでしまうところだった。何より、私たちが毎日のように驚きまた面白がりもしたのは、ニューヨーカー達が、耐えられないほどの暑さの不潔なニューヨークの地下鉄に、厭きもせず乗り込んでいく時のあの決意に満ちた憂鬱な苦悩の表情だった。
 ニューヨーク滞在も7日目か8日目になる頃、私たちはついにあの奇跡中の奇跡、世界貿易センター、この国の繁栄と経済力の象徴であるニューヨークで最も高いあのビルを訪れた。日系アメリカ人建築家のヤマザキ・ミノル氏によって設計されたこのビルは、「ツインタワー」としても知られ、ニューヨーク港湾交通局の都市再開発事業の一環として1966年に建設が開始された。1970年に完成したこのビルは、そのまま世界の貿易と商業の中心となった。2つのタワーのそれぞれが110階建て、地上400メートルに聳えている。それぞれのタワーには100機以上のエレベーターが備え付けられ、22,000枚の窓がある。このセンターでは少なくとも70,000人が働き、一日に約7000人が訪れるという。
 記事で読んだり百科事典やガイドブックの写真を見るだけでは、このビルを本当に知ることはできない。
実際にこの目で見た私たちは、人間がこんなにも巨大なモノを作り上げることができたとは、にわかには信じることができなかったくらいである。2つのタワーは信じられない程に巨大なのに気品に溢れ、しかも非常に洗練されていた。1993年2月26日、このツインタワーの1つで、イスラム教徒のテロリストによって地下に仕掛けられた爆弾物が爆発して、数人の死者と数百人の負傷者を出した。しかしその後も2つのタワーは、それまでと変わらず誇り高く真っ直ぐに聳えつづけたのだった。まるで、いかなる悪党による破壊の試みにも動じないかのように。
 私と妻は2001年9月1日にニューヨークを発った。モスクワ行きの飛行機がJ.F.ケネディ空港を離陸し上昇を始めた時、私たちがニューヨークで最後に目にしたのは、マンハッタンの南端に2人の巨人がそそり立つスカイラインだった。
2001年9月11日の午前8時45分、ハイジャックされた民間航空機が世界貿易センターの北側ビルに激突した。大きく口を開けた穴と燃え上がる炎と煙。その約18分後には、ハイジャックされたもう一機の飛行機が南側ビルに激突し爆発した。2つのビルは炎に包まれた。そして9時30分、南側ビルが下の通りに向かって一直線に崩壊して行った。膨大な埃と残骸の雲が巻き上がり、ビルのあった場所から広がり流れていった。さらに10時28分、北側ビルが屋上から下に向かって剥かれるように崩れ落ちて行った。そこにも残骸と煙の巨大な雲が巻き上がった。
 今日、私たちはこの残酷で卑怯な攻撃の被害者のことを思う。彼等の心と身体と魂に平安がありますように。また現在行方不明の人々、あるいはもう亡くなってしまった人々へ、私たちはあなた方のことを思い、あなた方のために祈る。そして私はニューヨークをこれまで以上に愛し続けるだろう。
(原文英文 翻訳:鳥飼やよい)