学報 "МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

学報"МИЛЛИОН ЗВЕЗД"

No.27 2001.4 "Миллион звезд" ミリオン・ズビョースト/百万の星

函館校と教育改革/ロシア極東連邦総合大学函館校教授職グラチェンコフ・アンドレイ

日本は高齢化・少子化の進展によって人口増加が既に限界に達し、早くも2005年には人口が減少に転ずるという見方もある。その結果、勤労世代の人口増加を期待することは極めて難しくなる。そうなれば、数年後には人手不足の時代が到来するはずだ。
 経済成長の一つの要素である労働力が減少することによって、労働の値段、すなわち給料は上がるはずだ。
 教育はこれまで大量生産・大量消費・学歴優先の社会に適合してきたが、最先端の情報や専門的な知識が重視される社会になり、人口減少で給料が上がったとき、教育内容やその水準をどうするかが問題になる。
 職場では大量生産された学歴が価値を失う一方、専門的な能力や資格が高く評価される時代になる。そうなれば、大学の先生方や学生たちの生産性を市場の価値で測る時代になる。
 現在の大学教育の在り方には、改善すべき点が多いと思う。日本の学校には教育改革が必要で、本校も例外ではない。そこで、少子化・市場化・情報化が本校にどのような影響をもたらすかという問題を考えたい。例えば入学管理体制から見ると、本校ではほかの大学のような入学試験は行っていない。これによって、学生たちには受験勉強の負担はなくなるが、入学してからは卒業試験を受けるための勉強に励まねばならず、学校のレジャーランド化を防ぐこともできる。また、地域の企業は卒業試験の成績によって採用を決めてもいい。
 つまり本校は、入学試験を重視する従来型の入学管理体制から、卒業試験を中心とする卒業管理体制の教育に移行したのである。しかし少子化・市場化・情報化のスピードが急速なため、改革は遅れがちであり簡単にはいかない。最も改革しなければならないのは、教育過程の積極化や学生の学力強化である。これは、これまでの制度の単なる「修理」ではない。各講師の在り方や教授方法などについて抜本的に改革すべきであろう。講義面では、講師個人の資質や活動の問題より、講義の内容、特に講義や授業の進め方を改善する方がはるかに重要だと思う。教育方法では、より実質的な授業が基本になり、とりわけ実践的なゼミナールという形式が中心になろう。例えば「1998年のロシア金融危機はどうすれば防げたか」という共通の課題に対して、教員と学生がさまざまな意見を交換しながら、具体的な解決策を導き出していくというやり方である。
 もう一つは、ロシア語の勉強方法を見直すことである。 現在、本校では、一般的に日本語で授業が行われている。しかし、大部分の教員がロシアから派遣されているのだから、授業はなるべく早い段階、すなわち第1学年末か第2学年初めから、ロシア語で授業を行った方がいいということである。しかし、これも簡単なことではない。
 ところで、これまで人は外国語を勉強する際、何から多く学んできただろうか。第一に人から、第二に書物から、第三にテレビやパソコンの画面から学んできた。しかし現代はこの順番がさかさまになっている。本校の授業風景も様変わりし、教員がインターネットやテレビ、映画などから生のロシア語を取り入れて授業に応用するようになってきた。これによって教員の生産性は高まり、学生たちの実用ロシア語のレベルも向上している。
 さらに今後、わが校は、地域社会に対してロシア文化センターになると同時に、インターネットなどの情報をうまく利用して、地域の企業にさまざまなビジネス情報などを発信していくことになろう。

函館校と教育改革
ロシア語科第6期生の古伏脇健人さんが、卒業にあたり、旅立ちへの思いを込めた随想を寄せてくれました。

「春」

遠き異国の風が恍惚とした想い出を心に残し、瀟洒な西洋館が彼方の慟哭を誘うこの港街。歩み慣れた石畳は、今日だけは少し寂しげに思えた。俯きがちに頭をたれ、イワンは雪が残る歩道を急いだ。行く先はいつもと変わらないのだが、なぜか心の動悸を感じた。血潮はまだこみあげてくるなにかに抗いきれないようだった。
彼の側を路面電車がレールの上に車輪を転がして過ぎていく。その金属音がなぜか彼の耳には鮮明だったのは、決められたコースを走るだけの車体がふともらす「キーーーー」という悲鳴が自分の心の叫びと映ったからだろうか。
そんな中、弥生も終わりを迎えようとしているのに、とめどなく降り落ちる粉雪を少し疎ましく思いながら、イワンは前髪を掻き分けた。過ごした二年の日々を省みて、自らのこころに、そして過去に決着(けり)をつけた満足感が彼の歩をはやめた。
 雪が点々と残る八幡坂がいつもより急に感じ、校舎が見えた時イワンの額には汗が光っていた。壁に沿って伸びるツタを見て、私生児がその運命を呪っているかのように感じたイワンは自らの半生を嘲った。門をくぐり校舎に入るとまっすぐ二階の会場へと向かった。
同級生とせいいっぱいの笑顔で最後の挨拶をして、自分の席に腰を降ろした。次々に式が進んでいく。大都会の人の流れのように。「やり終えた」「悔いはない」と心の中で反芻してみても、後悔が残るのは若さゆえの甘さなのか。イワンは心の中で舌打ちをした。
 心が透きとおっていく。神々が世をつくり、人がおろかな罪をおかし、動物が無邪気に運動する。とどまることのない時の流れは、移りゆく季節をみつめ、追い越していく。人はしょせん神の申し子、哀れな幻想を夢と取り違え世のさざなみを泳いでいく。狂おしき一生をキャンバスに描いても、ふと気がつくと真っ白な平面に満たされていく。人間の不幸に人は抗いきれないし、人間の幸福を人は手に取ることはできない。
 式を終えイワンは椅子をたった。窓から入ってくる木漏れ日は、そのときの彼にはまぶしすぎたのか、彼は左手で顔を覆った。校舎を出る彼の足取りはなぜか軽かった。夢から覚めたこどものように。
門をでてゆくイワンのそばを一筋の光が横切った。繊細で儚く、怜悧な光が…。雪はもう止んでいた、イワンの前には風の吹く函館の春が広がっていた。