お知らせ НОВОСТИ

JT奨学金 海外インターンシップが行われます

更新日:2017年11月15日

JT奨学金 海外インターンシップが行われます

 JT(日本たばこ産業)社提供による奨学金を利用し実施されるサンクトペテルブルク・モスクワでのインターンシップ研修は、今年度から「JT奨学金 海外インターンシップ」と名称を改め、この先3年間継続されることになりました。
 昨年までは夏季休暇を利用して行いましたが、今年は12月9日(土)〜12月16日(土)の7泊8日の予定です。奨学生に選ばれた1年生1名、2年生2名と4年生1名、計4名の学生がそれに向けて準備を進めています。P1130974_R.JPG

 また、今年度からインターンシップも選択科目「学外研修」として単位が認められることになりました。認定のためには事前の説明会への出席や報告書の提出など今まで以上に厳しく評価されることになります。

 今年の事前学習では、6月5日(月)に杉本侃客員教授によるインターンシップで訪問する企業がロシアでどのような仕事をしているかについてのガイダンス、6月30日(金)と10月27(金)の2回にわたってビジネスセミナーの渡辺善行講師による企業研究を行いました。渡辺講師の講義では、昨年と今年の決算短信を比較しながら、会社の業績や経営方針について詳しく研究しました。また、ビジネスマナーとして名刺交換のやり方も教わりました。

 11月14日(火)にはパドスーシヌィ・ワレリー教授からサンクトペテルブルクの街の概要や見どころについて、レクチャーを受けました。レニングラード(現サンクトペテルブルク)大学大学院修了のパドスーシヌィ先生はペテルゴフにある寮から郊外電車や地下鉄を乗り継いで1時間かけて大学院に通っていたそうです。今回は特に冬の訪問となるため、緯度の高いペテルブルクは日の出る時間がとても短いとのことですが、冬のロシアの良さも経験してほしいところです。

 インターンシップには学内で厳正な選考基準があります。選ばれた学生はその自覚を持ち、研修を有意義なものにするためにも、しっかりとした事前準備をして臨んでほしいと願います。