お知らせ НОВОСТИ

JT奨学金インターンシップの事前準備を進めています

更新日:2016年7月22日

JT奨学金インターンシップの事前準備を進めています

 夏季休暇を利用したサンクトペテルブルク・モスクワでのインターンシップ研修が、今年は8月27日(土)〜9月3日(土)の7泊8日の予定で行われます。JT(日本たばこ産業)社提供による奨学生に選ばれた1年生2名と2年生1名の計3名の学生が、それに向けて準備を進めています。

7月14日(木)には最初の訪問地サンクトペテルブルクについて、レニングラード(現サンクトペテルブルク)大学大学院修了のパドスーシヌィ・ワレリー教授からレクチャーを受けました。街の成り立ちや歴史、戦争や国家体制の変化によりその時々で名前が変わったことや、函館の五稜郭と同じような要塞があることなどの説明がありました。また、3年前にパドスーシヌィ先生が訪れた際に撮影した写真をまじえて、観光のおすすめスポットなども教えてもらいました。

 7月21日(木)は、ビジネスセミナー講師の渡辺善行氏による企業研究レクチャーがありました。今回訪問する予定のJT、東洋トランス、双日などの財務状況や企業の特色、ルーブル下落が各社に与える影響など、見るべきポイントについて勉強しました。
 海外で多く仕事をしてきた渡辺氏ならではの、外国と日本での名刺交換の方法の違いや、相手の目を見てしっかり挨拶をすることが大切、というマナーについてのアドバイスもありました。
 ロシア語による自己紹介の練習ではイリイナ・タチヤーナ准教授も加わり、趣味やロシアに興味を持ったきっかけなどを、外国人にもわかりやすくはっきりと話すよう、指導がありました。

 JT奨学金によるインターンシップは今年が3年目です。今回も実りある研修となるよう、しっかり準備を進めてたくさんの刺激を受けて戻ってほしいと願います。

P1020528_R.JPG P1020522_R.JPG