お知らせ НОВОСТИ

函館白百合学園高等学校1年生が来校

更新日:2015年10月02日

函館白百合学園高等学校1年生が来校

 9月30日(水)、遠足日和の秋晴れの朝、函館白百合学園高等学校1年生のみなさんが本校を訪れました。昨年は97名でしたが、今年は125名ものみなさんが、西部地区遠足に合わせて、かつての白百合学園の校舎だった本校建物の見学を兼ねて来校されました。
 はじめに、学校紹介ということで、函館にとってのロシア語、ロシアといったことを交えながら学校概要について説明し、その後、准教授のイリイナ・タチヤーナ先生とロシア語の簡単な挨拶を勉強しました。タチヤーナ先生の笑顔に誘われ、「こんにちは」、「あなたのお名前は?」、「私の名前は○○です」という3つの単語をつなぎあわせて、会話の練習をしました。
 また、タチヤーナ先生から、日本人は自分を指す時、人差し指で自分の鼻を指すが、ロシアでは自分の胸を指す。日本人は、「(こちらに)おいで」、という手招きのジェスチャーは、ロシアでは「さようなら」を意味するなど、日本とロシアとの文化の違いについても勉強しました。

   shirayuri2015.jpg IMG_01012_R.JPG

 楽しいロシア語会話を終えた後、みなさんは、西部地区(旧市街)散策へと元気に出発していきました。また来年もいらしてください。

   IMG_0099_R.JPG         sihrayurikosyo_R.jpg

 ▲本校の校舎は、かつて白百合学園の校舎でした      ▲今なお校章がうっすらと残っています