お知らせ НОВОСТИ

第1回オープンキャンパスが終了

更新日:2015年6月24日

第1回オープンキャンパスが終了

 6月20日(土)、今年度第1回目のオープンキャンパスが終了しました。10名の参加者は、半数が函館市内および道内から、残り半数は首都圏とその周辺からと、今回も様々な地域から集まりました。
 はじめにイリイン校長より歓迎のあいさつと教員紹介が行われました。
  P6202055ho_R.jpg  P6202030_R.JPG
 次に「学校紹介」として、筑土事務局長から学校パンフレットに沿って本校概要について説明しました。続いて自治会副会長から画像をお見せしながら、学校行事や学生サークル活動についての紹介がありました。そして「学校紹介」の最後は、函館校同窓会長でもある小柏哲史さんから、現在勤務されている貿易会社での仕事内容について、サハリン石油天然ガス開発プロジェクトの現状などについて説明がありました。また、小柏さんからは、取引のメールはロシア人が相手でも、通常英語でやりとりしているが、会って話をする時にロシア語を使うと、相手が打ち解けてくれるため、ロシア語を勉強しておいてよかったと思う、などといったお話もありました。

 P6202068_R.JPG  P6202085_R.JPG

 入学を検討されている方々にとって最も関心があるのは「模擬授業」です。参加者のみなさんにも1年生の間に入っていただき、1年生の「実用ロシア語会話」を担当しているイリイナ・タチヤーナ准教授による模擬授業を行いました。1年生にとっては、4月からの学習成果を皆の前で発表する場にもなりました。
 模擬授業と共に人気が高いのは、教職員および在校生との懇談です。ピロシキ(ロシアのパン)を食べ、ジャムを添えたロシアンティーを楽しみながら、学校生活や勉強のことなど、様々な話題が飛び交いました。
 最後に、参加者全員と教職員・在校生で記念撮影を行い、イリイン校長から参加者のみなさんに記念品(記念品のマトリョーシカキーホルダーと本校オリジナルのゆるキャラ「スーシキン」の絵葉書)が渡され、これでプログラムは終了となりました。

 IMG_4652_R.JPG  P6242145_R.JPG

 この後、さらに個別懇談を希望される方には、教職員が対応し、授業内容について、就職について、奨学金についてなど、様々な質問にお答えしました。
 市内からの参加者の中には、3度目の参加という方もいらっしゃいました。複数回参加されることに何ら問題はありません。不安や心配事を取り除くためにも、また教職員や在校生と楽しく懇談する機会を持ちたい方にとっても、オープンキャンパスは絶好の機会です。何度でもご参加ください。お待ちしております。
 次回の第2回オープンキャンパスは、9月27日(日)10:00〜12:30 となります。
 また、オープンキャンパスの日時が合わないため参加できないという方には、随時学校見学を受け付けております。ご希望の際には、まずお電話もしくはメールでご連絡ください。