お知らせ НОВОСТИ

函館市立港中学校1年生が校外学習で来校

更新日:2014年9月09日

函館市立港中学校1年生が校外学習で来校

8月29日(金)、校外学習の時間に、函館市立港中校1年生5名が本校を訪れました。

生徒のみなさんからは、1.「ロシア極東大学が函館に建てられた理由は?」、2.「学校の入学式に新入生をパンと塩で歓迎するのはなぜ?」、3.「日本の大学とロシアの大学の違いは?」など全部で5つの質問が出され、イリイン・ロマン先生から説明がありました。

次に、キリル文字で書かれた五十音表を見ながら、自分の名前を書いてみました。ロマン先生から英語のアルファベットとの違いを教わりながら、慣れぬ手つきで書き始めました。1日インターンシップに来られた学生さんの助けを受けながら、徐々に書けるようになりました。最後は、自分でカードに丁寧に清書しました。見事な出来栄えにみなさん満足そうでした。

民族衣装を試着し.ロシアの伝統的な民芸品「マトリョーシカ」などにも触れてみました。

そして会場となったロシアセンターに掛っている時計が示す、「函館」、「ウラジオストク」、「モスクワ」3つの時間から、日本との時差、ロシア国内にも時差があることを学び、1時間の学習は終了となりました。

CIMG2835_R.jpg CIMG2832_R.JPG