学校紹介 О НАС

海外留学СТАЖИРОВКА ЗА РУБЕЖОМ

ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1ヶ月間、寮で生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。

実際にロシアでの生活の中でさまざまなことを学びます。

ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1ヶ月間、寮で生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。実習では単に語学の習得のみならず、実際にロシアで生活し、本学の学生やウラジオストク市民と交流することにより、習慣・価値観・社会システムなど日本では学ぶことのできない様々なことを、生活を通して直接肌で感じ取り、ロシアに対する理解を深めることが大きな目的となっています。
留学実習については、事前に時間を設け説明会を行うほか、実習後は報告会を開き意見交換する場があります。

現地でのスケジュール

実習中は、大学付属の寮において基本2人部屋で生活します。部屋には、勉強机・ベッド・冷蔵庫・ユニットバスなど生活に必要な最低限のものは揃っています。各部屋に台所はありませんが共用のものがあり、自炊も自由にできます。
広大なキャンパスには無料バスが走っているため、移動するのに大変便利です。

月~金曜日


・1日2コマ講義があるほかに、空き時間を利用して個人レッスンを受けることができます。(予約制)
・大学付属図書館のコンピューターが利用できます。
・大学校内の無料Wi-fiが使えます。

土・日曜日

各種見学プログラムが用意されています。自由行動もあります。

留学体験談

ロシア地域学科4年

齋藤 航

 

  私は3カ月間、ウラジオストクで留学実習を行い文法、会話、イントネーション、読解の4科目を受講しました。授業内容のレベルは函館校で学んだより遥かに高く、宿題や小テストも沢山ありましたが、熱心に指導して下さった先生方のおかげでロシア語能力が向上したと思います。
  また、多数の外国人留学生が集う国際フェスティバルも私にとって貴重な経験となりました。世界各国の歌やダンスを鑑賞しました。今年の日本チームのプログラムはダンス披露で、当日 まで厳しい練習を何度も行い、周りの日本人やロシア人と一緒に活動できたことは一生の思い出です。
  現地での留学生活が始まったばかりの頃、私は大学や寮での諸手続き、校内での授業、初めての寮生活等様々な面で不安を抱えていました。特に諸手続きの際には、私は自分の力でロシ ア語が上手く話せず、相手が話すロシア語も聞き取ることが出来ずといった状況で、本当に3カ月間無事に生活を送れるだろうか、ということばかり考えていました。
  しかし、時がたつにつれて周囲の環境に馴染み始めた私は、毎日のロシア語の授業を受けるのが楽しみになり、周りのロシア人とのコミュニケーションも増え、休日には一人で街へ散策に出かけたりしました。
  大学だけでなく、ロシアの街中の魅力も肌で感じました。街を散策していると、路上やレストランなどで生演奏をしている人々を見かけたり、地下道などにあるキオスク、デパートや大型ショッピングセンターのクリスマスの催し等、日本とは異なるロシアの伝統・文化の違いを楽しむことが出来ました。
  留学実習生活がスタートした時、不安でいっぱいだった私は、ウラジオストクとの別れの時になると寂しい気持ちになりました。こうして極東大学本学の新鮮味を味わえたことやロシアでの暮らしを体験できたことは一生忘れません。函館校で身につけたロシア語力を本学の授業で発揮できたこともこの留学期間での目標達成の一つとなりました。本学への留学で得た新たな知識を今後の学校生活で生かせるよう頑張って参りたいと思います。