学校紹介 О НАС

海外留学СТАЖИРОВКА ЗА РУБЕЖОМ

ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1ヶ月間、寮で生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。

実際にロシアでの生活の中でさまざまなことを学びます。

ロシア地域学科(4年制)の学生は3年次に3ヶ月間、ロシア語科(2年制)の学生は2年次に1ヶ月間、寮で生活しながらウラジオストク本学の外国人のためのロシア語学校で語学実習を行います。実習では単に語学の習得のみならず、実際にロシアで生活し、本学の学生やウラジオストク市民と交流することにより、習慣・価値観・社会システムなど日本では学ぶことのできない様々なことを、生活を通して直接肌で感じ取り、ロシアに対する理解を深めることが大きな目的となっています。
留学実習については、事前に時間を設け説明会を行うほか、実習後は報告会を開き意見交換する場があります。

現地でのスケジュール

実習中は、大学付属の寮において基本2人部屋で生活します。部屋には、勉強机・ベッド・冷蔵庫・ユニットバスなど生活に必要な最低限のものは揃っています。各部屋に台所はありませんが共用のものがあり、自炊も自由にできます。
広大なキャンパスには無料バスが走っているため、移動するのに大変便利です。

月~金曜日


・1日2コマ講義があるほかに、空き時間を利用して個人レッスンを受けることができます。(予約制)
・大学付属図書館のコンピューターが利用できます。
・大学校内の無料Wi-fiが使えます。

土・日曜日

各種見学プログラムが用意されています。自由行動もあります。

留学体験談

ロシア地域学科4年

高橋 由

 

  私は3ヶ月間、ウラジオストクでの留学実習に参加しました。そこでの生活が始まったばかりの頃は、大学や寮の諸手続きが思うように進まなかったこともあり、周りの環境に馴染むことができるのかが少々不安でしたが、なんとか適応して日々を過ごすことができました。
  本学での大学生活は、とても新鮮味がありました。同じクラスで勉強しているのは中国人や韓国人で、意思疎通に悪戦苦闘する時もありましたが、彼らとも打ち解けることができました。先生方はほとんどロシア語(英語を交えることもある)で授業を進めていき、スピードも少し早い印象でした。優しく手とり足とり指導していただき、先生方には感謝の言葉しかありません。おかげっでロシア語能力が上達したと思います。授業以外でも先生には博物館や劇場などへ他の学生と一緒に連れて行っていただき、よい思い出となりました。
  寮生活では、慣れを要しました。洗濯機が無いので洗濯物を手洗いする必要があり、手荒れも起きました。トイレは故障し、災害は起きていないにもかかわらず緊急放送が不定期に流れることもありました。挙げるとキリがないのですが、良い経験になったと思います。
  ウラジオストク市内を散策してみると、市民がどのような生活を送っているのかが垣間見えました。よく満員になるバス、楽器を道端で演奏する人々、破損した車でどこかへ向かう人々、ちょっとした物を売っているこぢんまりした店「キオスク」など。日本からはそう離れていない都市ですが、やはり文化の違いを肌で感じました。
  ロシアの食べ物は、非常に美味しくて自分に合いました。特に、肉類や乳製品は満足のいくものばかりでした。また、お菓子やケーキも甘みが強かったですが、堪能できました。食料品は手ごろな価格で、余分に買ってしまうこともありました。日本食も食べる機会があり、日本での日本食との差異を感じながら楽しめました。
  今回は、JT(日本たばこ産業)からの奨学金を受け、留学生活を送ることができました。これにより旅費と寮費が支給されたため、経済面での不安は取り除かれました。この場をお借りして感謝申し上げます。