入試案内 ИНФОРМАЦИЯ ОБ ЭКЗАМЕНАХ

Q&AВОПРОСЫ И ОТВЕТЫ

Q. 入学試験の種類と特徴を教えてください。
A. 本校の入試制度は、「指定校推薦入試」、「一般推薦入試」、「一般入試」があります。
「指定校推薦入試」には、「函館市内指定校推薦」と「国際理解教育指定校推薦」があります。入学金(15万円)や入学試験の免除の特典があります。
「一般推薦入試」には、「学校推薦」と「自己推薦」があり、書類審査と面接で試験を行います。
「一般入試」は前期・後期日程があり、いずれも書類審査、面接および課題作文による試験があります。
試験会場はすべて函館校ですが、一般前期日程のみ東京会場でも受験できます。
詳細は入学試験要項をご覧になるか、本校事務局までお問合せください。
Q. 入学金・授業料などを教えてください。
A. 平成29年度入学生の初年度納付金は、入学金15万円、授業料70万円、教育充実費2万円、設備費2万円の合計89万円です。第2学年以降は入学金を除く74万円になりますが、留学実習にかかる費用は別途納めていただきます。
Q. 留学実習にはどのくらいの費用がかかりますか?
A. 現地で支払う寮費、見学費、食事代などの生活費として、ロシア語科(2年制)の1ヶ月研修で約20万円、ロシア地域学科(4年制)の3ヶ月研修で約40万円が必要です。(渡航費別途)
Q. オープンキャンパスや学校見学会はありますか?
A. 平成28年度のオープンキャンパスは6月18日(土)と9月25日(日)の2回です。事前予約が必要です。
また、これらの日にお越しいただけない場合は、平日休日を問わず校内をご案内します。
授業を見学することもできますので、まずはお電話、メール等でお気軽にご相談ください。
Q. 奨学金を受けることはできますか?
A. 本校では「日本学生支援機構」奨学金制度を利用することができます。入学後、説明会を開き、校内選考を行います。また、本校独自の奨学金制度として「石館とみ奨学金」と「JT奨学金」があります。「石館とみ奨学金」は年度の学習成績上位の学生に年2名を上限として年額17.5万円~35万円が支給されます。「JT奨学金」は本学への留学実習および夏季休暇短期インターンシップの2種類に係る旅費等を給付するもので、それぞれ年4名を上限としています。いずれも校内選考を行い、奨学生を決定します。
Q. 住まいはどのようになりますか?
A. 残念ながら学生寮の施設はありませんが、学校近辺のアパート・マンションをご紹介させていただきます。本校の学生たちは、みんなロシアのスペシャリストを目指す仲間ですし、教授陣や学校の職員もフランクに話せる人ばかりです。独り暮らしの不安はありません。(アパート・マンション/35,000~50,000円程度)
Q. ロシア語学習歴があります。貴校に編入学はできますか。
A. ロシア語を専門的に勉強してきた方であっても、本校に編入することは制度上できません。1年次から学習していただくことになります。
Q. 貴校から日本の大学に編入学・転学・単位互換はできますか。
A. 日本の文部科学省より、本校のロシア語科(2年制・昼)は「専門士」の称号を、ロシア地域学科(4年制・昼)は「高度専門士」の称号を付与できる専門課程としてそれぞれ認定されています。さらに本校は、「外国大学の日本校」として指定されています。これらにより、本校の学生は、日本の大学への編入学・転学・単位互換が可能です。また、ロシア地域学科の学生については、卒業後、日本の大学院への入学も可能です。
Q. ウラジオストクの極東連邦総合大学に留学、あるいは外国人学生として入学するにはどうしたらいいですか?
A. 函館校の在学生は、カリキュラム(卒業要件)に留学実習が含まれていますが、外部の方に対する留学の斡旋は行なっておりません。

また、語学研修ではなく、外国人学生として極東連邦総合大学の学部に入学を希望される場合は、ロシア連邦教育科学省が認定する国家試験「ТРКИ」(外国人のためのロシア語検定試験)の第1レベル(1級から4級まであり、4級が最高度のネイティブと同じレベルです)に合格していなければなりません。

入学に必要とされる用件等の最新情報は、極東連邦総合大学ホームページでご確認のうえ、直接本学へお問い合わせください。